ジョン・ペンドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Sir John Brian Pendry
John Pendry 2014c.jpg
ペンドリー(2014年)
生誕 (1943-07-04) 1943年7月4日(75歳)[1]
居住 イギリス
国籍 イギリス
研究分野 物理学者
研究機関 インペリアル・カレッジ・ロンドン
ケンブリッジ大学
ベル研究所
Daresbury研究所[1]
出身校 ケンブリッジ大学ダウニング・カレッジ[1]
博士課程
指導教員
Volker Heine
主な業績 透明マント
Template:メタマテリアル・クローキング
メタマテリアル
スーパーレンズの理論
主な受賞歴 Isaac Newton Medal (2013)
Royal Society Bakerian Medal (2005)
ロイヤル・メダル (2006)
Knight Bachelor (2004)
王立協会フェロー (1984)
ディラック賞 (1996)
カヴリ賞ナノサイエンス部門 (2014)
プロジェクト:人物伝

ジョン・ブライアン・ペンドリー (Sir John Brian Pendry、FRS FInstP、1943年7月4日[2][3] -) はイギリスの理論物理学者。屈折率の研究と初めて実用的な「透明マント」を考案したことで有名。インペリアル・カレッジ・ロンドンで理論固体物理学の教授を務めており、そこで物理学科長(1998年 – 2001年)と理学部長(2001年 – 2002年)も務めた。ケンブリッジ大学のダウニング・カレッジ(学部時代の出身)の名誉フェローであり、IEEEフェローである[4]。2014年にシュテファン・ヘル、Thomas Ebbesenとともにカヴリ賞ナノサイエンス部門を受賞した。受賞理由は「光学顕微鏡と光学イメージングの解像限界による制約についての長年の信念を壊したナノ光学の分野への変革的貢献」

学歴[編集]

ケンブリッジのダウニング・カレッジで学び、自然科学で修士とPhD(1969年)を取得している[5]

経歴[編集]

マンチェスター出身。父は石油販売代理人であった。ケンブリッジ大学で自然科学の学位を取得した後、1969年から1975年にかけてケンブリッジ大学のダウニングカレッジで研究員に指名された。1972,3年はベル研究所で過ごし、1975年から81年にかけてSERC Daresbury研究所の理論グループの長を務め、その後は引退までインペリアル・カレッジ・ロンドンで理論物理学長を務めた。教育よりも管理職を優先し、1993年から1996年までRoyal College of Scienceの学長、1998年から2001年まで物理学科長、2001年から2002年まで理学部長を務めた。300以上の研究論文を執筆し、多くの実験的イニシアティブを奨励している[2][6]

1984年に王立協会フェローに選出され、2004年の国王誕生記念叙勲でナイトを授かった[7][8]。2008年、65歳の誕生日を記念してJournal of Physics: Condensed Matterが彼に献呈された。

ケンブリッジで会い国税官となったPatと結婚した。子供はいない。趣味はピアノ演奏など。

研究[編集]

幅広い種類の論説や書籍を著し、共著している[9][10][11][12][13][14][15][16]

Pendryの研究キャリアはPhDで行った低速電子線回折(LEED)で始まった。これは20世紀に発見された材料の表面を調べる技術であるが、結果を計算するPendryの方法が実用的になるのが待たれていた。指導教官であるVolker HeineはPendryの様子を見て「私が自分では決してできなかったことを独立して行った数少ない研究生の1人である」と感じた。ベル研究所では、Patrick Leeとともに光電子分光法を用いてEXAFSの数量化理論を開発した。これにより1996年にディラック賞を受賞している。

光電子放出の問題はLEEDの彼の研究と似ており、このことが重要であることにDaresburyのシンクロトロンがちょうど稼働を開始した時に気づいた。理論グループ長として角度分解光電子放出の理論を発表した。これは現在でも当該分野の標準的なモデルとなっている。これらの方法により固体および表面における電子のバンド構造を前例のないほどの精度で決定することが可能となり、1980年には逆光電子の技術を提案し、これは非占有電子状態を調べるのに広く用いられている。

イギリスを代表する理論表面物理学者としての地位を維持しつつも、インペリアル・カレッジ・ロンドンでは無秩序媒質中での電子の振る舞いの研究を始め、1次元における一般的な散乱問題の完全解を導き出し、生体分子の導電率に関連するより高次元の研究のための高度な技術を得た。1994年にフォトニック・バンド構造に関する最初の論文を発表し、金属系と光の相互作用を発見した。これはメタマテリアルのアイディアにつながった。

完全レンズ[編集]

ロシアの科学者ヴィクトル・ヴェセラゴにより行われた研究を拡張し、焦点が理論的には完全なレンズを作成する単純な方法を提案した2000年のPhysical Review Lettersの論文は最も引用された論文となっている当初はこのような短い論文がそんなに革新的なアイデアを提示できることを信じることのできず批判する者が多かったが、ペンドリーのアイデアは実験的に確認され、スーパーレンズの概念はナノスケール光学に革命をもたらした。

透明マント[編集]

2006年、物体の周りに物体を効果的に見えなくするための容器を形成することで光を曲げるというアイデアを思いつき、その考えをマイクロ波帯で実証したデューク大学のDavid R. Smithとともに論文を著した。このアイデアは一般的には透明マントとして知られ、メタマテリアルの分野の多くの研究を近年刺激している[17]。2009年にペンドリーとStefan Maierは可視光の範囲で完全レンズと透明マントを開発するための大規模な助成金をLeverhulme Trustから受けた[18]

受賞[編集]

2016年にDan David賞を受賞した。2014年にはノルウェー科学アカデミーにより授与されるカヴリ賞ナノサイエンス部門を、マックス・プランク生物物理化学研究所シュテファン・ヘルストラスブール大学のThomas Ebbesenとともに受賞した[19]。1994年、the British Vacuum Councilにより授与されるBVC賞を受賞した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c ‘PENDRY, Sir John (Brian)’, Who's Who 2013, A & C Black, an imprint of Bloomsbury Publishing plc, 2013; online edn, Oxford University Press”. 2018年6月閲覧。
  2. ^ a b Inglesfield, J.; Echenique, P. (2008). “Sir John Pendry FRS”. Journal of Physics: Condensed Matter 20 (30): 300301–300953. Bibcode 2008JPCM...20D0301I. doi:10.1088/0953-8984/20/30/300301. 
  3. ^ J.B. Pendry – Curriculum Vitae, http://www.cmth.ph.ic.ac.uk/photonics/Newphotonics/bio.pdf 2009年9月30日閲覧。 
  4. ^ 著作一覧 - Microsoft Academic Search.
  5. ^ Pendry, John (1969年). The application of pseudopotentials to low energy electron diffraction (PhD thesis). University of Cambridge.. http://ethos.bl.uk/OrderDetails.do?uin=uk.bl.ethos.468650 
  6. ^ Ahuja, Anjana (2012年). “Leading Light”. 2012年7月12日閲覧。
  7. ^ Knighthood for Imperial theoretical physicist in Birthday Honours list”. imperial.ac.uk. imperial.ac.uk. 2012年7月12日閲覧。
  8. ^ Prof Sir John Pendry, FRS”. Debretts. 2012年7月12日閲覧。
  9. ^ Pendry, J. B. (2000). “Negative Refraction Makes a Perfect Lens”. Physical Review Letters 85 (18): 3966–3969. Bibcode 2000PhRvL..85.3966P. doi:10.1103/PhysRevLett.85.3966. PMID 11041972. 
  10. ^ Pendry, J. B.; Schurig, D.; Smith, D. R. (2006). “Controlling Electromagnetic Fields”. Science 312 (5781): 1780–1782. Bibcode 2006Sci...312.1780P. doi:10.1126/science.1125907. PMID 16728597. 
  11. ^ Schurig, D.; Mock, J. J.; Justice, B. J.; Cummer, S. A.; Pendry, J. B.; Starr, A. F.; Smith, D. R. (2006). “Metamaterial Electromagnetic Cloak at Microwave Frequencies”. Science 314 (5801): 977–980. Bibcode 2006Sci...314..977S. doi:10.1126/science.1133628. PMID 17053110. 
  12. ^ Pendry, J.; Holden, A.; Stewart, W.; Youngs i, I. (1996). “Extremely Low Frequency Plasmons in Metallic Mesostructures”. Physical Review Letters 76 (25): 4773–4776. Bibcode 1996PhRvL..76.4773P. doi:10.1103/PhysRevLett.76.4773. PMID 10061377. 
  13. ^ Pendry, J. B.; Holden, A. J.; Robbins, D. J.; Stewart, W. J. (1999). “Magnetism from conductors and enhanced nonlinear phenomena”. IEEE Transactions on Microwave Theory and Techniques 47 (11): 2075. Bibcode 1999ITMTT..47.2075P. doi:10.1109/22.798002. 
  14. ^ Martín-Moreno, L.; García-Vidal, F.; Lezec, H.; Pellerin, K.; Thio, T.; Pendry, J.; Ebbesen, T. (2001). “Theory of Extraordinary Optical Transmission through Subwavelength Hole Arrays”. Physical Review Letters 86 (6): 1114–1117. arXiv:cond-mat/0008204. Bibcode 2001PhRvL..86.1114M. doi:10.1103/PhysRevLett.86.1114. PMID 11178023. 
  15. ^ Pendry, J. (1974) Low Energy Electron Diffraction: The Theory and Its Application to Determination of Surface Structure (Techniques of physics). Academic Press Inc., U.S., ISBN 978-0-12-550550-5
  16. ^ Pendry, J. (1987) Surface Crystallographic Information Service: A Handbook of Surface Structures. Springer, ISBN 978-90-277-2503-5
  17. ^ (video) "Invisibility Cloak" by professor Sir John Pendry, Niels Bohr Institute, http://www.nbi.ku.dk/english/sciencexplorer/lectures/invisibility_cloak/video/ 2018年6月閲覧。 
  18. ^ £4.9 million to develop metamaterials for 'invisibility cloaks' and 'perfect lenses', Imperial College London, (12 November 2009), http://www3.imperial.ac.uk/newsandeventspggrp/imperialcollege/newssummary/news_12-11-2009-13-23-57 2018年6月閲覧。 
  19. ^ Bhattacharjee, Yudhijit (2014年5月29日). “Nine Scientists Share Three Kavli Prizes”. 2018年6月閲覧。

外部リンク[編集]