ジョン・ウェストウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・オバディア・ウェストウッド

ジョン・オバディア・ウェストウッド(John Obadiah Westwood、1805年12月22日 - 1893年1月2日)はイギリスの昆虫学者、考古学者、博物画家である。19世紀イギリスの重要な昆虫学者で、昆虫を描いた博物画家として知られる。

略歴[編集]

シェフィールドで生まれた。シェフィールドやリッチフィールドで幼少時代を過ごし、法律を学んだ後、昆虫学や考古学に専念し、多くの著作を行った。

友人の裕福な昆虫収集家、フレデリック・ウィリアム・ホープが作った、オクスフォード大学博物館の昆虫コレクションで学芸員として働き、後にホープの寄付で作られた、オクスフォード大学の動物学の教授職、ホープ教授職についた。園芸雑誌、「ガーデナーズ・クロニクル」(Gardeners' Chronicle)に昆虫学の専門家として寄稿した。

1855年に王立協会ロイヤル・メダルを受賞し[1]、1857年にドイツの科学アカデミーレオポルディーナの会員に選ばれた。ロンドン・リンネ協会のフェローに選ばれ、ロンドン昆虫学会の会長(1852-1853)を務めた。1838年にフランスに作られた「キュヴィエ協会」(Société cuvierienne:1848年まで存続)の設立メンバーとなった[2]

著書の図版[編集]

"The cabinet of oriental entomology" の図版

著作[編集]

  • Class Insecta.in Griffith, E. The animal kingdom arranged in conformity with its organisation by the Baron Cuvier, London: Whittaker, London 1832
  • An introduction to the modern classification of insects, Longman, Orme, Brown, Green, and Longmans, London, 1839
  • Synopsis of the genera of British Insects, Longman, Orme, Brown, Green, and Longmans, London 1840
  • Arcana Entomologica; or, Illustrations of Rare, and Interesting Exotic Insects, 1841–1845
  • The Cabinet of Oriental Entomology (1848)
  • Catalogue of Orthopterous Insects in the Collection of the British Museum, 1859
  • Thesaurus entomologicus Oxoniensis, McMillan 1874 doi:10.5962/bhl.title.14077

脚注[編集]

参考文献[編集]

  •  Société Cuvierienne: Liste des Premiers Fondateurs de La Société Cuvierienne, Association universelle pour l'avancement de la Zoologie, de L'Anatomie comparée et de la Palaeontologie. In: Revue Zoologique par La Société Cuvierienne. 1, 1838, S. 189-192 (biodiversitylibrary.org).