マックス・ペルーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マックス・ペルーツ
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1962年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:球状タンパク質の構造研究

マックス・ペルーツ(Max Ferdinand Perutz, 1914年5月19日 - 2002年2月6日)はオーストリア生まれのイギリスの化学者である。1962年、ジョン・ケンドルータンパク質構造解析の功績によりノーベル化学賞を受賞した。

生涯[編集]

ウィーンに生まれた。1936年にキャヴェンディッシュ研究所バーナル結晶学のグループに加わった。

第二次世界大戦中はパイクリートという 特殊な氷を使って氷山空母を造ろうとするハバクック計画に参加した。

1953年にケンドルーと重原子同型置換法を開発しヘモグロビンなどタンパク質の立体構造を解明した。その功績により1962年ノーベル化学賞を受賞した。1962年に医学研究協議会(Medical Research Council)の MRC分子生物学研究所をケンブリッジに設立し、1979年まで議長を務めた。1954年に王立協会フェローに選出され、同協会から1971年にロイヤル・メダル、1979年にコプリ・メダルを受賞した。

出典[編集]