フレデリック・バートレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フレデリック・チャールズ・バートレット(Sir Frederic Charles Bartlett1886年10月20日 - 1969年9月30日)は、イギリス心理学者認知心理学の先駆者の一人。ケンブリッジ大学名誉教授。

1931年から1951年までケンブリッジ大学において実験心理学の教授を務めた。第二次世界大戦下の1944年、ケネス・クレイクとともに医学研究評議会(MRC:Medical Research Council)の応用心理学部門(APU:Applied Psychology Research Unit)設立にあたり、1945年にはクレイクの死去により、あとを継いでその責任者となった。1932年より王立協会会員[1]。1948年にはイギリス空軍への貢献によりナイトの称号を授与された。

記憶知覚思考の実験的研究で知られるが、社会心理学の視点に立った日常的文脈のなかでの研究を指向した。エビングハウス以来の無意味材料を用いた記憶研究に対し、有意味材料を用いた記憶変容の実験を通してスキーマの概念を提唱。現代の認知心理学研究にも大きな影響を与えている。

著書[編集]

  • Exercises in logic (Clive, London, 1922)
  • Psychology and primitive culture (Cambridge University Press, Cambridge, 1923)
  • Psychology and the soldier (Cambridge University Press, Cambridge, 1927)
  • Remembering (Cambridge University Press, Cambridge, 1932)
  • The problem of noise (Cambridge University Press, Cambridge, 1934)
  • Political propaganda (Cambridge University Press, Cambridge, 1940)
  • Religion as experience, belief, action (Cumberledge, London, 1950)
  • The mind at work and play (Allen and Unwin, London, 1951)
  • Thinking (Basic Books, New York, 1958)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bartlett; Sir; Frederic Charles (1886 - 1969)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月24日閲覧。

外部リンク[編集]