アンソニー・ハンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンソニー・ハンター

アンソニー・ハンター(Anthony "Tony" Rex Hunter, 1943年8月23日 - )はアメリカ合衆国の生物学者。発がん遺伝子Srcである酵素チロシンキナーゼを発見し、タンパク質のチロシンリン酸化が癌の発生の原因であることを突き止め、チロシンキナーゼ酵素阻害剤研究の第一人者となっている。

イギリスケント生まれ。1965年ケンブリッジ大学卒業。1969年同大学院で博士号を取得。1975年ソーク研究所助教授。1982年同教授。2008年同がんセンター所長。1979年カリフォルニア大学サンディエゴ校准教授。1992年から2008年にかけてアメリカがん協会教授。1987年王立協会フェロー選出。

受賞歴[編集]

参照[編集]