氷期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

氷期(ひょうき、英語: glacial period)は、氷河時代のうち時間的間隔をおいて訪れる、寒冷な気候と氷河の発達に特徴づけられる時期である。他方の間氷期 (Interglacial) は氷期と氷期の間の比較的温暖な気候の時期である。最後の氷期は約15,000年前に終了した[1]完新世は現在の間氷期である。地球上に氷河が全く存在しない時期は温室気候状態であると考えられている[2][3][4]

第四紀氷河時代[編集]

80万年分の氷床コアのサンプルから測定された、大気中のCO2に代表される氷期と間氷期のサイクル

260万年前から現在に至る第四紀氷河時代英語版の間、幾多の氷期と間氷期が存在している。

最終氷期[編集]

最終氷期は現在の氷河時代における最後の氷期で、更新世の約11万年前に始まり、約15,000 年前に終わった[1]。この氷期の間に発生した氷河は北半球の多くの地域を覆い尽くし、それらの地理的分布に応じて、それぞれの氷期には次のような異なる名前がつけられている:ウィスコンシン氷期(北アメリカ)、ディベンシアン氷期(グレートブリテン)、ミッドランド氷期(アイルランド)、ヴュルム氷期(アルプス山脈)、ヴァイクセル氷期(中央ヨーロッパ北部)、大理 (Dali) 氷期(華東)、北冶 (Beiye) 氷期(華北)、太白 (Taibai) 氷期(陝西省)、螺髻山 (Luojishan) 氷期(四川省南西部)、雑谷脳 (Zagunao) 氷期(四川省北西部)、天池 (Tianchi) 氷期(天山山脈)、チョモランマ氷期(ヒマラヤ山脈)、ジャンキウェ氷期(チリ)。氷河が最も拡大した英語版のは、約18,000 BPである。ヨーロッパでは、氷床は北ドイツ英語版にまで達した。

次の氷期[編集]

地球の軌道の変化は予測可能なので[5]、軌道の変化と気候を関連づけるコンピュータ・モデルは未来の気候の可能性を予測できる。それには2つの注意が必要である:人為的英語版効果(人間が助長する地球温暖化)は短い期間でより大きな影響力をふるうことが起こりうるし、軌道強制力英語版が気候に影響を与えるメカニズムはあまり理解されていない。Berger と Loutre による研究成果は、現在の温暖な気候はまだあと50,000年続くかもしれないことを示している[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b J. Severinghaus; E. Brook (1999). “Abrupt Climate Change at the End of the Last Glacial Period Inferred from Trapped Air in Polar Ice”. Science 286 (5441): 930–4. doi:10.1126/science.286.5441.930. PMID 10542141. http://www.sciencemag.org/cgi/content/short/286/5441/930. 
  2. ^ Bralower, T.J.; Premoli Silva, I.; Malone, M.J. (2006). [Abstract Summary Leg 198 Synthesis : A Remarkable 120-m.y. Record of Climate and Oceanography from Shatsky Rise, Northwest Pacific Ocean]. Proceedings of the Ocean drilling program.. pp. 47. doi:10.2973/odp.proc.ir.198.2002. ISSN 1096-2158. Abstract Summary 2014年4月9日閲覧。. 
  3. ^ Christopher M. Fedo; Grant M. Young; H. Wayne Nesbitt (1997). “Paleoclimatic control on the composition of the Paleoproterozoic Serpent Formation, Huronian Supergroup, Canada: a greenhouse to icehouse transition”. Precambrian Research (Elsevier) 86 (3–4): 201. doi:10.1016/S0301-9268(97)00049-1. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0301926897000491. 
  4. ^ Miriam E. Katz; Kenneth G. Miller; James D. Wright; Bridget S. Wade; James V. Browning; Benjamin S. Cramer; Yair Rosenthal (2008). “Stepwise transition from the Eocene greenhouse to the Oligocene icehouse”. Nature Geoscience (Nature) 1 (5): 329. doi:10.1038/ngeo179. http://www.nature.com/ngeo/journal/v1/n5/abs/ngeo179.html. 
  5. ^ F. Varadi; B. Runnegar; M. Ghil (2003). “Successive Refinements in Long-Term Integrations of Planetary Orbits”. The Astrophysical Journal 592: 620–630. Bibcode 2003ApJ...592..620V. doi:10.1086/375560. オリジナルの2007-11-28時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071128074218/http://astrobiology.ucla.edu/OTHER/SSO/SolarSysInt.pdf. 
  6. ^ “Climate: An exceptionally long interglacial ahead?”. Science 297 (5585): 1287–8. (2002). doi:10.1126/science.1076120. PMID 12193773. 

関連項目[編集]