伊沢紘生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊沢 紘生(いざわ こうせい、1939年 -  )は、日本の霊長類学者、宮城教育大学名誉教授。

経歴[編集]

東京都生まれ。京都大学理学部卒業後、同大学院博士課程を修了。1970年、「サバンナ・ウッドランドにおけるチンパンジーの単位集団とそれらの遊動について」で理学博士日本モンキーセンター専任研究員を経て、1982年に宮城教育大学で助教授、教授を務め、2002年に定年退官、名誉教授となる。

宮城教育大学退任後は帝京科学大学生命環境学部教授となり、2010年に定年で退任。宮城のサル調査会会長を務める。

研究内容[編集]

1962年以来、白山下北半島金華山などで野生ニホンザルの生態調査を続け、1963年から1967年までは東アフリカの原野でチンパンジーを調査、1971年から2002年まではアマゾン新世界ザルの生態調査を行う。白山での野生ニホンザル調査の結果を基に1982年に刊行した『ニホンザルの生態 豪雪の白山に野生を問う』では、従来ニホンザル研究で定説とされてきた「ボスザルを中心としたヒエラルキー社会」が野生ニホンザルでは見られないことを指摘し、ニホンザルの生態研究に一石を投じた[1]

著書[編集]

  • 『さよならブルーシ』日本放送出版協会〈NHKブックスジュニア〉、1975年
  • 『森と水のくにの動物たち』どうぶつ社、1979年
  • 『ニホンザルの生態 豪雪の白山に野生を問う』どうぶつ社〈自然誌選書〉、1982年
  • 『アマゾン探検記』どうぶつ社、1983年
  • 『アマゾン動物記』どうぶつ社〈自然誌選書〉、1985年
  • 『ニホンザルの生活』(絵・内山安二毎日小学生新聞編)現代書館〈知る知るシリーズ〉、1986年
  • 『野性に聴く サルと自然と人間と』径書房〈こみち双書 自然の本〉、1986年
  • 『ニホンザルの山 森の新聞』フレーベル館、1997年
  • 『野生ニホンザルの研究』どうぶつ社、2009年

編著[編集]

  • 『下北のサル』どうぶつ社〈自然誌選書〉、1981年
  • 『日本動物大百科 第2巻 哺乳類 2』川道武男粕谷俊雄共編、平凡社、1996年
  • 『サル対策完全マニュアル』宮城のサル調査会共著、どうぶつ社、2005年

翻訳[編集]

  • ロバート・アードレイ『アフリカ創世記 殺戮と闘争の人類史』徳田喜三郎森本佳樹共訳、筑摩書房、1973年
  • ヘレン・E・フィッシャー『結婚の起源 女と男の関係の人類学』熊田清子共訳、どうぶつ社〈自然誌選書〉、1983年
  • シドニー・L.W.メレン『愛の起源』熊田清子共訳、どうぶつ社〈自然誌選書〉、1985年
  • ジョン・R.ネイピア, プルー・H.ネイピア『世界の霊長類』どうぶつ社〈自然誌選書〉、1987年

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木京一 (2012年10月14日). “〈本の舞台裏〉どうぶつ社の36年”. 本のニュース. 朝日新聞社. 2014年6月9日閲覧。