ジュラ紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地質時代 - 顕生代
累代 基底年代
百万年前
顕生代 新生代 第四紀 2.58
新第三紀 23.03
古第三紀 66
中生代 白亜紀 145
ジュラ紀 201.3
三畳紀 251.902

古生代 ペルム紀 298.9
石炭紀 358.9
デボン紀 419.2
シルル紀 443.8
オルドビス紀 485.4
カンブリア紀 541
原生代 2500
太古代(始生代) 4000
冥王代 4600

ジュラ紀(ジュラき、Jurassic period)は現在から約1億9960万年前にはじまり、約1億4550万年前まで続く地質時代である。三畳紀の次で白亜紀の1つ前にあたる中生代の中心時代[1]、あるいは恐竜の時代といえる。ジュラ紀の名前は、フランス東部からスイス西部に広がるジュラ山脈において広範囲に分布する石灰岩層にちなみ、1829年アレクサンドル・ブロンニャールにより提唱された。その後、1962年1967年に開かれた国際ジュラ系層序小委員会により、11の階(期)の区分が確立された(時代区分参照)。なお、漢字を当てる場合は「侏羅紀」[2]となるが、一般的ではない。

時代区分[編集]

ジュラ系の基底は、最初のアンモナイトが出現する層準によって定められている。ジュラ系の模式境界をどこに置くかは長年論じられてきたが、2010年のIUGS実行委員会において、オーストリアのクーヨッホ (Kuhjoch) GSSP とすることが決定された[3]

周辺の時代
新生代
中生代 白亜紀
ジュラ紀 後期
マルム
チトニアン英語版 約1億5080万年前 - 約1億4550万年前
キンメリッジアン英語版 約1億5570万年前 - 約1億5080万年前
オクスフォーディアン英語版 約1億6120万年前 - 約1億5570万年前
中期
ドッガー
カロビアン英語版 約1億6470万年前 - 約1億6120万年前
バトニアン英語版 約1億6770万年前 - 約1億6470万年前
バッジョシアン英語版 約1億7160万年前 - 約1億6770万年前
アーレニアン英語版 約1億7560万年前 - 約1億7160万年前
前期
リアス
トアルシアン英語版 約1億8300万年前 - 約1億7560万年前
プリンスバッキアン英語版 約1億8960万年前 - 約1億8300万年前
シネムーリアン英語版 約1億9650万年前 - 約1億8960万年前
ヘッタンギアン英語版 約1億9960万年前 - 約1億9650万年前
三畳紀
古生代

気候と生物[編集]

ジュラ紀の開始は三畳紀末の大量絶滅から始まった。絶滅は地上海洋の両方でおき、地上の方が数百万年早かったと言われている。海洋生物の20%と恐竜翼竜ワニ以外の祖竜主竜類)、獣弓類が死滅し(最近日本白亜紀地層から化石が見つかっているのでこの説は疑問視されているが、少なくとも衰退したのは間違いない)、最後の巨大な両生類もこのときにほぼ姿を消した。この原因として隕石衝突など様々な説が提唱されているが、現在は中央大西洋マグマ分布域英語版における火山活動との関連が有力視されている[4][5][6]

三畳紀末期の絶滅を生き残った恐竜が栄えた。三畳紀から相次いだ火山活動の結果、大気中の二酸化炭素濃度は高く、ジュラ紀は現在よりも暖かく、降水量も多く、湿度も高かった。そのため動物植物はともに種類が増え、大型化していった。植物ではイチョウソテツなどの裸子植物が大きく繁栄し、それまで植物が無かった内陸部まで生育範囲を広げていった。またジュラ紀の後半には被子植物も現れた。海洋ではアンモナイトや、プランクトンが繁栄し、地上では恐竜が多種多様な進化を遂げた。小型の恐竜の一部が鳥類に至る進化を果たし、始祖鳥が現れたのもこの時代である。

ジュラ紀にもっとも進化した生命は海洋での魚類と、海洋で暮らす爬虫類魚竜首長竜など)である。また無脊椎動物にはいくつかの新しいグループが現れた。

古地形とテクトニクス[編集]

前期ジュラ紀を通じてパンゲア大陸が、北のローラシア大陸と南のゴンドワナ大陸に分裂した。とはいえ、両者の距離は近く、隔絶は未だ完全ではなかった。温暖であったため海水準が高く、ローラシアはしばしば浅海により東西の陸塊に分かれていた。ジュラ紀の北大西洋は現在に比べて狭く、南大西洋はゴンドワナ大陸の分裂が始まる白亜紀まで開かなかった。テチス海は閉じ、新テチス海盆を形成した。大規模な火山活動がみられ、太平洋海底のタム山塊はこの時代に形成された単体で地球最大級の火山の一つとみられている。

気候は温暖であり、氷河があった痕跡は認められない。三畳紀と同様に、付近に陸地はなく氷冠の成長もなかった。

ジュラ紀の地質学記録は、西ヨーロッパでよく保存されており、有名なジュラシック・コーストや、後期ジュラ系のゾルンホーフェン石灰岩層を含む熱帯の浅海における堆積過程が観察できる。それとは対照的に、北アメリカでは中生界ジュラ系はほとんど分布せず、露頭も極めて少ない。

その他[編集]

SF小説およびそれをもとにした映画である『ジュラシック・パーク』の名は、このジュラ紀によるものであり、直訳すれば『ジュラ紀公園』となる。その映画の中国語でのタイトル『侏羅紀公園』も直訳にしたがっている。しかし、実際にはそこに登場する恐竜はほとんどは白亜紀のものである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説”. コトバンク. 2018年1月8日閲覧。
  2. ^ 『ガッジィラ』? いや『ゴジラ』!”. 三陸書房. 2018年1月8日閲覧。
  3. ^ J. G. オッグ、G. M. オッグ、F. M. グラッドシュタイン 『要説 地質年代』 鈴木久志訳、京都大学学術出版会、2012年(原著2008年)、103 - 110頁。ISBN 978-4-87698-599-9
  4. ^ Hesselbo, S.P.; Robinson, S.A.; Surlyk, F.; Piasecki, S. (2002), “Terrestrial and marine extinction at the Triassic-Jurassic boundary. synchoronized with major carbon cycle perturbation: A link to initiation of massive volcanism”, Geology 30: 251-254 .
  5. ^ McElwain, J.C.; Beerling, D.J.; Woodward, F.I. (1999), “Fossilplants and global warming at the Triassic-Jurassic boundary.”, Science 285: 1386-1390 
  6. ^ McElwain, J.C.; Hesselbo, S.P.; Haworth, M.; Surlyk, F. (2007), “Macroecological responses of terrestrial vegetation to climatic and atmospheric change across the Triassic/Jurassic boundary in East Greenland.”, Paleobiology 33: 547-573 .

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]