肝循環

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

肝循環(かんじゅんかん、: hepatic circulation)とは肝臓へ血液を循環させる血管系を指す。肝臓には固有肝動脈門脈が輸入血管として肝静脈洞に流入する。肝循環血液量は哺乳動物の毎分心拍出量の25~30%を占める。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版社 1991年 ISBN 4885006104