常染色体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

常染色体(じょうせんしょくたい)は性染色体以外の染色体のことであり、ヒト体細胞は22対、44本の常染色体を持つ。

一つの生物種では性染色体は多くても二種類であり、X、YあるいはZ、Wと呼ばれる。これに対し、常染色体は一般に数が多く数百を持つ種もあり、通常アラビア数字あるいはローマ数字で呼ばれる。漢数字を使う例があるかは不明。どの染色体が何番であるかは大きさで決まることが多い。しかし厳密ではなく、例えば、最初に全塩基配列決定が行われたヒトの染色体である21番染色体は、22番染色体よりも小さい。この理由として、ダウン症の原因として当初21番と22番を取り違えたトリソミー21という名称が普及してしまったため、この名称に沿って染色体番号を変更したという経緯があるようだ [1]。また、出芽酵母の例のように大きさと番号に強い関連性を見いだせない場合もあり、慣例によって呼ばれていることも多い。

また、性が無い生物、あっても性染色体によっては決定されない生物では、常染色体という言葉にさほどの意味は無い。