吸気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吸気(きゅうき)とは、気体を吸い込むこと。

多くのガソリンエンジンにおいては、空気燃料とが予め混合された混合気シリンダーに吸い込むこと。対となる語は「排気」である。ディーゼルエンジンガソリン直噴エンジンは空気のみを吸い込み、燃料は圧縮行程以降の燃焼室内へ高圧で噴射される。また、燃焼方法は異なるがガスタービンエンジンも空気のみを吸入する。

エアクリーナーケースエアフィルター)からキャブレター(またはインジェクション)、バルブまでの一連のラインを吸気系統(吸気系)と表現することがある。

関連項目[編集]