キモパパイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キモパパイン (chymopapain,; EC 3.4.22.6) は、パパイアなどに存在するプロテアーゼ(タンパク質分解酵素)の一種で、システインプロテアーゼに分類される。別名はパパイアプロテアーゼII

基質特異性及び触媒機能はパパインとほとんど変わらない。椎間板ヘルニアの酵素注入療法に使用されることがある[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]