Portal:手塚治虫

Jump to navigation Jump to search
メインページ 新着項目 ニュース カテゴリ
ウィキポータル:手塚治虫にようこそ
Tezuka Osamu.JPG

手塚 治虫(てづか おさむ、本名:手塚 治(読み同じ)、1928年昭和3年)11月3日 - 1989年平成元年)2月9日)は、日本漫画家アニメーター、アニメーション監督。 大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医師免許取得、のち医学博士奈良県立医科大学1961年)。血液型A型。戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け存在として活躍した。兵庫県宝塚市出身(出生は 大阪府豊能郡豊中町、現在の豊中市)、同市名誉市民。

新しい紹介を読み込む
Vista-xmag.png特集記事

ブラック・ジャックは、手塚治虫による日本漫画作品。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて1973年11月19日号から1978年9月18日号にかけて連載したのち、1979年1月15日号から1983年10月14日号にかけて不定期連載された。全242話。略称はB・J

無免許ではあるものの、神業ともいえるテクニックにより世界中に名を知られる、天才外科医ブラック・ジャックを主人公に、「医療と生命」をテーマにそれぞれ据えた医療漫画である。「漫画家生活30周年記念作品」「手塚治虫ワンマン劇場」という煽りで、手塚治虫のスター・システムによるオールスター出演がウリの作品であり、短期間で終了する予定だった(後述)が、定期不定期合わせて10年近く続く長期連載作となり、単行本の発行部数は手塚の他作品を大きく引き離す、まさに代表作となった。

読み切り連載形式になったのは、編集長の壁村耐三の編集方針であり、当時の『週刊少年チャンピオン』の連載作品すべてに適用されていたが、読み切りでないと手塚が流す回をやることから、それを防ぐためという話もあった。

週刊少年マガジン』で連載した『三つ目がとおる』とともに、手塚治虫の少年漫画における1970年代の最大にして、少年漫画家としては最後のヒット作である。また、本作品によって現代まで続く「医療マンガ」のジャンルが形成されるきっかけになった金字塔でもある。

……もっと読む

特集記事一覧

Camera-photo.svg抜粋画像
Vista-xmag.png主要項目
  • 登場人物


Stock volume.svgお知らせ

Portal:手塚治虫へようこそ! ここは手塚治虫に関連した項目への入口です。このページはどなたでも編集できます。

Icon of three people in different shades of grey.svg参加者
Nuvola apps kate.png執筆依頼
Nuvola apps kate.png加筆依頼
  • 作品

きりひと讃歌 - どろろ - ふしぎ旅行記 - アポロの歌 - アドルフに告ぐ - アトムキャット - わが名は百科 - エンゼルの丘 - カノン - ゴッドファーザーの息子 - サンダーマスク - ネオ・ファウスト - ハトよ天まで - バンパイヤ - ビッグX - ピピちゃん - ブッダ - マグマ大使 - マコとルミとチイ - ミクロイドS - ミッドナイト - メトロポリス - 七色いんこ - 人間昆虫記 - 化石島 - 双子の騎士 - 地底国の怪人 - 奇子 - 新宝島 - 時計仕掛けのりんご - 海のトリトン - 鉄の旋律 - 雨降り小僧 - 魔神ガロン - 鳥人大系

  • 登場人物

サファイア

  • 関連人物

つのだじろう - 加藤謙一 - 坂本三郎 - 姫川明 - 寺田ヒロオ - 森安なおや - 永島慎二 - 永田竹丸 - 米澤嘉博 - 赤塚不二夫 - 辻真先 - 手塚粲

  • 雑誌等

マンガ少年 - 冒険王 - 少年 - 少年チャンピオンコミックス - 週刊少年マガジン

  • その他

のらくろ - ガロ - ストーリー漫画 - ネーム (漫画) - 佐武と市捕物控 - 原画 - 宇宙少年ソラン - 小学館漫画賞 - 少年漫画 - 少年画報社 - 手塚賞 - 擬音 (漫画) - 文藝春秋漫画賞 - 漫画家


Nuvola apps kate.png画像提供依頼


Icon of three people in different shades of grey.svg関連ポータル
Icon of three people in different shades of grey.svgこのポータルについて
  • ウィキポータル 手塚治虫は、誰でも自由に編集できます。
  • 「新着項目」には最近新規に書かれた項目を追加してください。自薦・他薦は問いません。既存の項目が多い場合は、古いものから削除してください。新規記事作成後は索引にも追加してください。
  • このポータルは改善するべき点を多く含んでいます。あなたの加筆や提案を歓迎します。