Portal:手塚治虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メインページ   新着項目   ニュース   カテゴリ
ウィキポータル:手塚治虫にようこそ
Tezuka Osamu.JPG

手塚 治虫(てづか おさむ、本名:手塚 治(読み同じ)、1928年昭和3年)11月3日 - 1989年平成元年)2月9日)は、日本漫画家アニメーター、アニメーション監督。 大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医師免許取得、のち医学博士奈良県立医科大学1961年)。血液型A型。戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け存在として活躍した。兵庫県宝塚市出身(出生は 大阪府豊能郡豊中町、現在の豊中市)、同市名誉市民。

新しい紹介を読み込む
Vista-xmag.png特集記事

鉄腕アトムは、手塚治虫SF漫画作品及び同作を原作としたテレビアニメ特撮テレビ番組の作品名、並びに作品内の主人公である架空のロボットの名称である。テレビアニメ版で使用された主題歌の曲名でもある。

21世紀の未来を舞台に、原子力(後に核融合)をエネルギー源として動き、人と同等の感情を持った少年ロボット、アトムが活躍する物語。米題は『ASTRO BOY(アストロ・ボーイ)』。

本作は、1951年(昭和26年)4月から翌年3月に連載された『アトム大使』の登場人物であったアトムを主人公として、1952年(昭和27年)4月から1968年(昭和43年)にかけて、「少年」(光文社)に連載され、1963年(昭和38年)から1966年(昭和41年)にかけてフジテレビ系で日本で初めての国産テレビアニメとしてアニメ化された。このアニメ第1作は平均視聴率30%を超える人気を博し、その後、世界各地でも放映された。

1981年には、様々な形で、本作が出版された数の累計が1億冊を突破した。

1980年(昭和55年)に日本テレビ系でカラー版の『鉄腕アトム (アニメ第2作)』が制作され、さらに1作目と同じくフジテレビ系にて2003年(平成15年)に『ASTRO BOY 鉄腕アトム』として、2回目のリメイクが放映、2009年にはCG映画『ATOM』が公開されている。

現在の日本のロボット工学学者たちには幼少時代に『鉄腕アトム』に触れたことがロボット技術者を志すきっかけとなっている者も多く、現在の日本の高水準のロボット技術力にはこの作品の貢献が大きいともいえる。

……もっと読む

特集記事一覧

Camera-photo.svg抜粋画像
Vista-xmag.png主要項目
  • 登場人物


Stock volume.svgお知らせ

Portal:手塚治虫へようこそ! ここは手塚治虫に関連した項目への入口です。このページはどなたでも編集できます。

Icon of three people in different shades of grey.svg参加者
Nuvola apps kate.png執筆依頼
Nuvola apps kate.png加筆依頼
  • 作品

きりひと讃歌 - どろろ - ふしぎ旅行記 - アポロの歌 - アドルフに告ぐ - アトムキャット - わが名は百科 - エンゼルの丘 - カノン - ゴッドファーザーの息子 - サンダーマスク - ネオ・ファウスト - ハトよ天まで - バンパイヤ - ビッグX - ピピちゃん - ブッダ - マグマ大使 - マコとルミとチイ - ミクロイドS - ミッドナイト - メトロポリス - 七色いんこ - 人間昆虫記 - 化石島 - 双子の騎士 - 地底国の怪人 - 奇子 - 新宝島 - 時計仕掛けのりんご - 海のトリトン - 鉄の旋律 - 雨降り小僧 - 魔神ガロン - 鳥人大系

  • 登場人物

サファイア

  • 関連人物

つのだじろう - 加藤謙一 - 坂本三郎 - 姫川明 - 寺田ヒロオ - 森安なおや - 永島慎二 - 永田竹丸 - 米澤嘉博 - 赤塚不二夫 - 辻真先 - 手塚粲

  • 雑誌等

マンガ少年 - 冒険王 - 少年 - 少年チャンピオンコミックス - 週刊少年マガジン

  • その他

のらくろ - ガロ - ストーリー漫画 - ネーム (漫画) - 佐武と市捕物控 - 原画 - 宇宙少年ソラン - 小学館漫画賞 - 少年漫画 - 少年画報社 - 手塚賞 - 擬音 (漫画) - 文藝春秋漫画賞 - 漫画家


Nuvola apps kate.png画像提供依頼


Icon of three people in different shades of grey.svg関連ポータル
Icon of three people in different shades of grey.svgこのポータルについて
  • ウィキポータル 手塚治虫は、誰でも自由に編集できます。
  • 「新着項目」には最近新規に書かれた項目を追加してください。自薦・他薦は問いません。既存の項目が多い場合は、古いものから削除してください。新規記事作成後は索引にも追加してください。
  • このポータルは改善するべき点を多く含んでいます。あなたの加筆や提案を歓迎します。