文藝春秋漫画賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

文藝春秋漫画賞(ぶんげいしゅんじゅうまんがしょう)は、かつて文藝春秋が主催していた漫画に対するである。

概要[編集]

1955年に設立。漫画集団や雑誌『文藝春秋漫画讀本』に代表されるような、「児童漫画や劇画と一線を画する」現在では「大人漫画」と呼ばれる旧来の「漫画」を表彰するために作られた賞であり、4コマ漫画一コマ漫画風刺漫画を対象とした漫画賞だった。ただし、「新人賞」なのか「功労賞」なのかが曖昧で、選考が一貫しなかった。

山藤章二和田誠古川タクイラスト長新太絵本マッド・アマノパロディ作品なども受賞している。イラストや絵本やパロディ作品も、現代日本の漫画文化を形成する重要な一形態として評価した。

だが、後期は「大人漫画」が衰退したため、かつての「児童漫画」であるところのギャグ漫画が選考対象に含まれ、吉田戦車の『伝染るんです。』などが受賞をすることになった。選考基準があいまいになり、誰が何故、受賞するか予測不可能な賞とも言われるようになる。江口寿史とり・みき等ベテラン作家が受賞した際には、審査委員長が彼らの作品を「初めて読んで感心した」といった内容のコメントをしていた。選考委員のサトウサンペイは「(賞のため)めったに見ないコミック話を山ほど買って持ち帰り、順番に見てきました」と発言している[1]

このような賞であるため、1997年に受賞した西原理恵子は、「初対面の人間からいきなり顔にタンを吐きかけられたような気分」と自身の漫画の作中でこの賞の意義を激しく批判、疑問視していた。そのような迷走を繰り返した後、2002年3月1日に廃止となった。

受賞作品[編集]

受賞者 受賞作品
1 1955 谷内六郎 『行ってしまった子』
2 1956 杉浦幸雄 戦後の一連の風俗漫画
3 1957 加藤芳郎 『芳郎傑作漫画集』
4 1958 久里洋二 『久里洋二漫画集』
5 1959 長新太 おしゃべりなたまごやき
6 1960 荻原賢次 一連の時代漫画
7 1961 岡部冬彦 アッちゃん』『ベビー・ギャング
8 1962 長谷川町子 サザエさん
9 1963 六浦光雄 銅版画風のルポルタージュ
10 1964 梅田英俊 朝日グラフ」連載漫画
11 1965 井上洋介 一連のナンセンス漫画
12 1966 サトウサンペイ アサカゼ君』『フジ三太郎
クロイワ・カズ 『Eye For Eye』
13 1967 牧野圭一 『牧野圭一漫画集』
14 1968 小島功 『日本のおかあちゃん』『7-8=1』
15 1969 和田誠 一連の似顔絵
鈴木義司 一連の時事漫画&風俗漫画
16 1970 東海林さだお タンマ君』『新漫画文学全集』
17 1971 山藤章二 『抽象』『エロトピア』『世相あぶり出し』
砂川しげひさ 『寄らば斬る』『ジュウベー』『テンプラウエスタン』
18 1972 赤塚不二夫 天才バカボン』他
ヒサクニヒコ 『戦争-漫画太平洋戦史』
19 1973 馬場のぼる 『バクさん』『11ぴきのねことあほうどり
小林治雄 『ヒトクチ漫画』
20 1974 滝田ゆう 『怨歌橋百景』他
オグラトクー 『マンガはがきギャラリー』
21 1975 手塚治虫 ブッダ』『動物つれづれ草
秋竜山 『Oh!☆ジャリーズ』『ノッホホン氏』
22 1976 園山俊二 ギャートルズ』他
武田秀雄 『もんもん』
23 1977 福田繁雄 住宅から玩具に至るユーモア
草原タカオ 『真夜中の子守歌』他
24 1978 マッド・アマノ 一連の写真合成によるパロディ作品
二階堂正宏 『二階堂正宏展』他
25 1979 古川タク 『ザ・タクン・ユーモア』
島添昭義 『動くイラスト・木造玩具』
徳野雅仁 『不連続体』
26 1980 前川しんすけ 『中町銀座商店街』
27 1981 野田亜人 『ペーパーイラストレーション』
工藤恒美 『ツッパラサール学園』
28 1982 山田紳 一連の政治漫画、他
すずき大和 『哀MY展覧会』
植田まさし 『フリテンくん』『まさし君』『かりあげクン
29 1983 谷岡ヤスジ 一連のナンセンスギャグ
はしもといわお 『どてらネコ』
30 1984 高橋春男 『いわゆるひとつのチョーさん主義』『ひょうきんチャンネル』
千葉督太郎 『いとしの田中角栄さま』『漂流』
31 1985 いしいひさいち 一連のナンセンス漫画
西村宗 サラリ君
32 1986 受賞作無し
33 1987 わたせせいぞう 『私立探偵フィリップ』
安藤しげき 『ヤッちゃんの勝ち!』
34 1988 杉浦日向子 『風流江戸雀』
35 1989 堀田かつひこ オバタリアン
36 1990 小槻さとし 『パラノ天国』
コジロー 『ぶったまゲリラ』他
37 1991 吉田戦車 伝染るんです。
38 1992 江口寿史 江口寿史の爆発ディナーショー
中崎タツヤ 問題サラリーMAN
39 1993 受賞作無し
40 1994 山科けいすけ C級さらりーまん講座』『中流図鑑』
41 1995 とり・みき 遠くへいきたい
42 1996 けらえいこ あたしンち
やくみつる 『やくみつるの三面マンガ』『オニのやく目玉』
43 1997 黒鉄ヒロシ 『新選組』
西原理恵子 ぼくんち
44 1998 針すなお 一連の似顔絵漫画
大橋ツヨシ かいしゃいんのメロディー
45 1999 小泉吉宏 『ブッダとシッタカブッダ』
Q.B.B. 『中学生日記』
46 2000 しりあがり寿 『時事おやじ2000』『ゆるゆるおやじ』
唐沢なをき 電脳炎
47 2001 小田原ドラゴン 『コギャル寿司』
菊池晃弘 『メカッピキポチ丸』

脚注[編集]

  1. ^ 暮しの手帖 1996年6月号 コラム「見たり、描いたり。」

参考文献[編集]

関連項目[編集]