井上洋介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 洋介(いのうえ ようすけ、1931年昭和6年)3月7日 - 2016年平成28年)2月3日[1][2])は、日本の絵画・版画美術家、日本絵本作家[1]イラストレーター東京府出身。武蔵野美術学校西洋画科卒[1]。1960年「こどものとも」(福音館書店)で初の絵本「おだんごぱん」刊行。以後、多数創作絵本出版。1965年第11回文藝春秋漫画賞、第4回東京イラストレーターズ・クラブ賞受賞。『ぶんぶくちゃがま』他で小学館絵画賞、『でんしゃえほん』で日本絵本賞大賞、『月夜のじどうしゃ』で講談社出版文化賞、『ぼうし』でJBBY賞を受賞。本名は、井上洋之助(いのうえ ようのすけ)[1]

主な作品[編集]

絵本(オリジナル作品)[編集]

  • 『ものうり草紙』(「こどものとも」2015年8月号)、福音館書店、2015年
  • 『つきよのふたり』(にじいろえほん・大型本)、小峰書店、2015年
  • 『ぎゅうぎゅうどうぶつえん』、芸術新聞社、2010年
  • 『どっからたべよう』(わくわくたべものおはなしえほん)、農山漁村文化協会、2009年
  • 『アナボコえほん』、フレーベル館、2008年
  • 『ぐるぐるえほん』、フレーベル館、2008年
  • 『ちょうつがいのえほん』、フレーベル館、2008年
  • 『ゆめゆめえほん』(学習おはなし絵本)、学習研究社、2008年
  • 『ビックリえほん』、ブッキング、2008年
  • 『あじのひらき』(福音館の幼児絵本シリーズ)、福音館書店、2006年
  • 『ブクブクブー』(教育画劇みんなのえほん)、教育画劇、2005年
  • 『とぶひ』(学習おはなし絵本)、学習研究社、2004年
  • 『ぐるりかぜ』、文溪堂、2004年
  • 『おおガラス』、ビリケン出版、2004年
  • 『でんしゃえほん』、ビリケン出版、2004年
  • 『たわし(おひさまのほん)』、小学館、2001年

挿絵を担当した作品[編集]

作品集[編集]

  • 『井上洋介 木版東京百画府』(京都書院アーツコレクション)、京都書院、1999年
  • 『電車画府―井上洋介画集』 (Parco vision contemporary)、PARCO出版局、1988年
  • 『井上洋介の世界:イラストレーション・ナウ』、立風書房、1974年

没後の作品集(含・再版)[編集]

  • 『あのまどに』(再版)、すずき出版、2019年11月
  • 『幻想と怪奇(傑作選)』、新紀元社、2019年10月
  • 『エクストラート FILE 22』、アトリエサード、2019年9月
  • 『井上洋介 絵本画集(1931 ー 2016)』、玉川大学出版、2018年7月
  • 『井上洋介 獨画集(1931 ー 2016)』、玉川大学出版、2018年7月
  • 『あーちゃんはパンやさん』(再版)、福音館書店、2018年4月
  • 『まぼろしえほん』(再版)、すずき出版、2017年11月
  • 『ほうほうふくろう』(新作)、福音館書店、2017年6月
  • 『このあしだれのあし』(再版)、すずき出版、2017年2月
  • 『EYE MASK』(未発表漫画掲載)、蒼天社、2016年12月

没後の個展・公開展示[編集]

  • 2019年10 – 11月、『開館40周年記念豊橋市美術博物館コレクション名古屋展ナイン・ストーリーズ』、豊橋美術博物館
  • 2019年3月、『第43回 人人展・特別陳列井上洋介』、東京都美術館
  • 2019年3月、『小さな 人人展』内展示、東京・羽黒洞
  • 2018年11月、『井上洋介展』、東京・恵比寿 ギャラリーMalle
  • 2018年7 – 9月、『奇喜怪快井上洋介の絵本展』、安曇野ちひろ美術館
  • 2017年8 – 11月、東京開館40周年記念『奇喜怪快井上洋介の絵本展』、東京・ちひろ美術館
  • 2017年6月、『井上洋介展』、大阪浜崎県立美術館
  • 2017年4月、『井上洋介同窓会』、アートスペース 繭
  • 2017年4月、『オブジェ展』出展、スパンアートギャラリー
  • 2017年3月、『第41回 人人展』追悼展示、東京都美術館
  • 2017年3月、『小さな 人人展』追悼展示、東京・羽黒洞
  • 2017年3月、『井上洋介没後一周年大誕生会』アートコンプレックスセンター
  • 2017年1月、『京極夏彦の妖怪えほん』(「うぶめ」岩崎書店)・原画展、MERRY ART GALLERY
  • 2016年11 – 12月、『井上洋介展』、アツコバルー
  • 2016年4月、『猫』・個展、アートスペース 繭
  • 2016年1 – 3月、『刈谷市美術館コレクション井上洋介絵本の世界<くまの子ウーフもやってくる>』(この会期中2月3日他界)、ふくやま美術館

※ 公開展示・個展は1960年代より 毎年 2〜3回開催。また イギリス、インドネシア、等 海外にても展示。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “くまの子ウーフ挿絵 井上洋介さんが死去 84歳、市川在住”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 朝刊 18. (2016年2月5日) 
  2. ^ 「くまの子ウーフ」絵本作家・井上洋介さん死去 読売新聞 2016年2月4日[リンク切れ]

外部リンク[編集]