講談社出版文化賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

講談社出版文化賞(こうだんしゃしゅっぱんぶんかしょう)は、挿絵写真装幀絵本の各分野に贈られる、講談社主催の賞である。前年3月1日から当年2月末日までに刊行された図書を対象とし、さしえ賞、写真賞、ブックデザイン賞、絵本賞の四部門に分かれている。選考方法は、新聞社出版社有識者に対してアンケートによる推薦を依頼するというものである。受賞者には賞状・記念品に加え、副賞として各100万円が贈られる。賞金は無し。

概要[編集]

1970年(昭和45年)、講談社が創業60周年記念事業の一環で新設した。さし絵、写真、ブックデザイン、児童漫画、絵本の五部門において、新分野の開拓と質的向上をはかり、出版文化の発展に寄与することを目的とした。

本賞の前身は、1960年(昭和35年)に創業50周年記念事業として創設された「講談社三賞」(児童まんが賞・さしえ賞・写真賞)である。うち児童まんが部門は1976年(第7回)まで実施され、のち1977年(昭和52年)に独立して講談社漫画賞となった。また、1985年(昭和60年)には新たに科学出版賞が加えられ、2006年(第22回)まで一部門として実施されたが、2007年(平成19年)に賞名を変更し講談社科学出版賞となった。

受賞者・受賞作一覧[編集]

カッコ内は受賞作品。

現行の賞[編集]

さしえ賞[編集]

第1回から第10回[編集]
第11回から第20回[編集]
第21回から第30回[編集]
第31回から第40回[編集]
第41回から第50回[編集]

写真賞[編集]

第1回から第10回[編集]
  • 第1回(1970年) - 久保田博二(「ブラック・ピープル」「カルカッタ」「沖縄・その二つの顔・」)
  • 第2回(1971年) - 沢田教一(「ある戦場カメラマンの記録」「あるカメラマンの死」)
  • 第3回(1972年) - 大倉舜二(ファッション・料理に関する一連の写真)、与田弘志(「GREEN」「ある日曜日の午後」)
  • 第4回(1973年) - 篠山紀信(「小袖の時代」「家」「大女優」ほか)
  • 第5回(1974年) - 秋山庄太郎(週刊現代および週刊ポストの表紙、「現代の作家」)
  • 第6回(1975年) - 佐伯義勝(婦人各誌における一連の料理写真)、増淵達夫(婦人各誌におけるインテリア写真及びファッ ション写真)
  • 第7回(1976年) - 齋藤康一(シリーズ「この人」)
  • 第8回(1977年) - 週刊現代写真班(野上透、佐藤醇、坂昌道、管洋志、山之上雅信)(「走るワセダ」)
  • 第9回(1978年) - 富山治夫英語版(「佐渡」)
  • 第10回(1979年) - 沢渡朔(「美少女シリーズ」ほか)
第11回から第20回[編集]
  • 第11回(1980年) - 稲越功一(「男の肖像」)
  • 第12回(1981年) - 操上和美(「裸婦」)、水谷章人(「ザ・シーン・一連のスポーツ写真ほか)
  • 第13回(1982年) - 横須賀功光(「山口小夜子」ほか一連のファッション写真)
  • 第14回(1983年) - 高橋曻(「オーパ、オーパ」「ヒューマンドキュメント」「JUST JAPAN'82」)
  • 第15回(1984年) - 管洋志(「戦火くすぶるアンコールワット」「六千頭の象狩り」「バリ島の公開火葬」)
  • 第16回(1985年) - 岩合光昭(「サバンナからの手紙」ほか)
  • 第17回(1986年) - 広川泰士(「家族の肖像」)
  • 第18回(1987年) - 立木義浩(「大原麗子」ほか一連の人物写真「浅野ゆう子」「一〇五人の女たち」)
  • 第19回(1988年) - 野村誠一(一連の人物写真)
  • 第20回(1989年) - 広河隆一(「四番目の恐怖」ほか一連の報道写真)
第21回から第30回[編集]
  • 第21回(1990年) - 大石芳野(「カンボジア」「イラン」「ルーマニア」「カンボジアを見つめて」)
  • 第22回(1991年) - 水口博也(「クジラの賢い行動学」「オルカ アゲイン」)
  • 第23回(1992年) - 今枝弘一(一連の旧ソ連に関するルポルタージュ 「蒼ざめたソヴィエト」「ロシアン・ルーレット」ほか)
  • 第24回(1993年) - 野町和嘉(「地球へ! RIFT VALLEY ODYSSEY」「ダライ・ラマ」「シベリア女囚」ほか)
  • 第25回(1994年) - 水越武(「ボルネオ」「HIMALAYA」)
  • 第26回(1995年) - 宮崎学(「アニマル黙示録」「死」)
  • 第27回(1996年) - 村田信一(「エボラ出血熱」「ソマリア」ほか)
  • 第28回(1997年) - 中村征夫(「日本列島海景色」「海のなかへ」「海中2万7000時間の旅」)
  • 第29回(1998年) - 石川梵(「海人」「鯨を殺す!」)
  • 第30回(1999年) - 倉田精二(「ジャパン」)
第31回から第40回[編集]
第41回から第50回[編集]

ブックデザイン賞[編集]

第1回から第10回[編集]
第11回から第20回[編集]
第21回から第30回[編集]
第31回から第40回[編集]
第41回から第50回[編集]
  • 第41回(2010年) - 多田進(『酒中日記』)、帆足英里子(『ゼロの王国』)
  • 第42回(2011年) - 勝呂忠水戸部功(『ハヤカワ・ポケット・ミステリ』シリーズ)
  • 第43回(2012年) - 岡孝治(『地の底のヤマ』『裂』)、副田高行(『ゴルフのすべて』『ダウン・ザ・フェアウェイ』)
  • 第44回(2013年) - 菊地敦己(『もののみごと 江戸の粋を継ぐ職人たちの、確かな手わざと名デザイン。』)
  • 第45回(2014年) - 名久井直子(『愛の夢とか』『イタリアの道』ほか)
  • 第46回(2015年) - 川添英昭(『テクニウム テクノロジーはどこへ向かうのか?』)
  • 第47回(2016年) - 蟹江征治(『講談社学術文庫』の一連の作品)
  • 第48回(2017年) - 工藤強勝(『神田神保町書肆街考 世界遺産的“本の街”の誕生から現在まで』)

絵本賞[編集]

第1回から第10回[編集]
第11回から第20回[編集]
第21回から第30回[編集]
第31回から第40回[編集]
第41回から第50回[編集]

過去に行われた賞[編集]

児童まんが部門[編集]

第1回から第7回[編集]
以後、「講談社漫画賞」に移行

科学出版賞[編集]

第1回から第10回[編集]
第11回から第20回[編集]
第21回から第30回[編集]

第23回以降、講談社科学出版賞に賞名変更。

第31回から第40回[編集]
  • 第31回(2015年) - 宮原ひろ子(『地球の変動はどこまで宇宙で解明できるか 太陽活動から読み解く地球の過去・現在・未来』)
  • 第32回(2016年) - 中屋敷均(『ウイルスは生きている』)
  • 第33回(2017年) - 中川毅(『人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか』)

選考委員[編集]

外部リンク[編集]