日本絵本賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本絵本賞(にっぽんえほんしょう)は、社団法人全国学校図書館協議会毎日新聞社が主催する、日本国内で出版された絵本に贈られる賞。「絵本芸術の普及、絵本読書の振興、絵本出版の発展に寄与する」ことが目的。1978年から1992年まで全国学校図書館協議会と読売新聞社が主催していた絵本にっぽん賞を継承するものとして、1995年から開始された。

毎年開催され、前年に日本国内で出版された絵本を対象とし、最優秀作品に日本絵本賞大賞、優れた作品に日本絵本賞、翻訳絵本の優れた作品に日本絵本賞翻訳賞が贈られる。また、読者が選ぶ賞として日本絵本賞読者賞山田養蜂場賞)がある。

選考方法[編集]

  • 「日本絵本賞」
    • まず全国学校図書館協議会絵本委員会において第1次選考、第2次選考を行い、次に作家・画家・絵本研究者・美術評論家などの中から、主催者が委嘱した最終選考委員による最終選考会で決定。
  • 「日本絵本賞読者賞(山田養蜂場賞)」
    • 主催者が指定した候補作品の中から、読者が最も好きな絵本へ投票。最多得票作品を受賞作とする。

歴代受賞作[編集]

絵本にっぽん大賞[編集]

日本絵本賞大賞[編集]

絵本にっぽん賞[編集]

日本絵本賞[編集]

日本絵本賞翻訳絵本賞[編集]

日本絵本賞読者賞(山田養蜂場賞)[編集]

※ 1997年新設

絵本にっぽん賞特別賞[編集]

日本絵本賞選考委員特別賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞2017年3月18日 東京朝刊『日本絵本賞大賞に「きょうはそらにまるいつき」』

外部リンク[編集]