斎藤隆介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
斎藤 隆介
誕生 1917年1月25日
東京都
死没 (1985-10-30) 1985年10月30日(68歳没)
東京都
職業 児童文学作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 明治大学文芸科
活動期間 1950年 - 1985年
代表作 ベロ出しチョンマ
モチモチの木
天の赤馬
主な受賞歴 第17回小学館文学賞1968年
第18回日本児童文学者協会賞1978年
第10回絵本にっぽん賞1987年
デビュー作 八郎
テンプレートを表示

斎藤 隆介(さいとう りゅうすけ、1917年1月25日 - 1985年10月30日)は、日本児童文学作家。本名は隆勝(たかかつ)。

短編童話集『ベロ出しチョンマ』で、1968年に第17回小学館文学賞、『天の赤馬』で、1978年に第18回日本児童文学者協会賞、『ソメコとオニ』で、1987年に第10回絵本にっぽん賞を受賞。

来歴・人物[編集]

東京都生まれ。山本有三を慕って明治大学文芸科に入学。在学中ゴーリキーの影響を受ける。卒業後、北海道新聞秋田魁新報の記者を歴任。新聞記者のかたわら著作活動に入る。

秋田地方の方言、オノマトペをふんだんにちりばめた民話の体裁をとりながら、ほとんどは斎藤の創作童話である。当初は子供向けではなく、地元の教員や生徒の父母に向けた作品でありながら、画家滝平二郎の独特な挿絵、絵本化によって次第に有名な児童文学作家となる。滝平とは末永い創作活動を続けることとなる。

作風[編集]

単純で骨太な展開、生と死のはざまで揺れ動く主人公を描くことで、人間が根源的にもっている情念・情愛からほとばしる生への尽きぬエネルギーに満ちあふれている。 一方、献身、自己犠牲といった説話くさい主題、表現で、発表当初から賛否両論を巻き起こしたものの、戦後の児童文学史上、童話および絵本の新分野を開拓し、民話絵本のブームを起こし、小学校の教科書にも取り上げられ、数々の業績を残した。斎藤の作風は主に古田足日をはじめ、神宮輝夫今江祥智藤田のぼるなどに強い影響を与えた。

主な作品[編集]

  1. 八郎・モチモチの木(短編童話1)解説 = 古田足日
  2. 花咲き山ひさの星(短編童話2)解説 = 鳥越信
  3. 虹の橋桔梗の花(短編童話3)解説 = 滝平二郎
  4. ケチ六・火を噴く山(短編童話4)解説 = 関英雄
  5. ちょうちん屋のままッ子(長編童話1)解説 = 小西正保
  6. ゆき(長編童話2)解説 = 神宮輝夫
  7. 天の赤馬(長編童話3)解説 = 藤田のぼる
  8. 職人昔ばなし(ノンフィクション1)解説なし
  9. 続職人昔ばなし(ノンフィクション2)解説 = 江國滋
  10. 町の職人(ノンフィクション3)解説 = 山本夏彦
  11. 日本のおばあちゃん(ノンフィクション4)解説 = 松谷みよ子
  12. 春の声寒い母(大人の童話)解説 = 今江祥智

外部リンク[編集]