三湖伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三湖伝説(さんこでんせつ)は青森県岩手県秋田県にまたがる伝説。主に秋田県を中心として語り継がれている。異類婚姻譚変身譚見るなのタブーの類型のひとつ。各地にこの物語が残されているが、細部は異なっている。

物語の要約[編集]

八郎太郎と十和田湖誕生の伝説[編集]

十和田湖

鹿角郡の草木(くさぎ)村(現・秋田県鹿角市十和田草木地区)に八郎太郎(はちろうたろう)という名の若者が暮らしていた。 八郎太郎は村の娘と旅の男との間の息子で、父親は寒風山に姿を変えて消えたと言われており、母親は難産で死んでいたので祖父母に育てられ、マタギをして生活していた。しかしある日仲間の掟を破り、仲間の分のイワナまで自分一人で食べてしまったところ、急に喉が渇き始め、33夜も川の水を飲み続け、いつしか33尺の竜へと変化していった。自分の身に起こった報いを知った八郎太郎は、十和田山頂に湖を作り、そこの主として住むようになった。この湖が十和田湖である。

八郎太郎と南祖坊の戦い(その1)、八郎潟誕生の伝説[編集]

三戸郡の斗賀村(現・南部町)に南祖坊(なんそのぼう)という男が住んでいた。

南祖坊は諸国で修行をした後、熊野で「草鞋が切れた場所が終の棲家になる」との神託と鉄の草鞋を授かり、十和田湖で草鞋が切れたため、八郎太郎に戦いを挑んだ。南祖坊と八郎太郎は7日7晩戦った。南祖坊は勝者となって十和田神社に祀られることとなった。

八郎太郎は米代川を通って逃げ、途中七座山の辺で川を堰止め湖を作ろうとしたが、地元の7柱の神々の使いの白鼠に邪魔され、更に下流へと向かった。その際、白鼠を食べようとする猫を紐でつないでおいた地区が能代市二ツ井町小繋(こつなぎ)地区である[† 1][注釈 1][注釈 2]

日本海附近まで来て、ようやく湖を作る適地が見つかったので、その支障となる天瀬川(あませがわ)(現・秋田県山本郡三種町天瀬川)の老夫婦の家を訪ね、明朝鶏が鳴くと同時に洪水が来るから避難するようにと伝え、湖を作り始めた。しかし姥は逃げる途中で麻糸(糸巻きという話もある)を忘れてきたことに気づき取りに戻った。そのとき、鶏が鳴き夫婦は逃げ遅れたため、八郎太郎はそれぞれ別々の岸へと放り投げて助けた。夫は湖の東岸に、妻は北西岸に祀られている[† 2]。出来上がった湖が八郎潟である[† 3]

辰子と田沢湖誕生の伝説[編集]

仙北郡の神成村に辰子(たつこ)という名の娘が暮らしていた。

辰子は類い希な美しい娘であったが、その美貌に自ら気付いた日を境に、いつの日か衰えていくであろうその若さと美しさを何とか保ちたいと願うようになる。辰子はその願いを胸に、観音菩薩に百夜の願掛けをした。必死の願いに観音が応え、山深い泉の在処を辰子に示した。そのお告げの通り泉の水を辰子は飲んだが、急に激しい喉の渇きを覚え、しかもいくら水を飲んでも渇きは激しくなるばかりであった。

狂奔する辰子の姿は、いつの間にか竜へと変化していった。自分の身に起こった報いを悟った辰子は、泉を広げて湖とし、そこの主として暮らすようになった。この湖が田沢湖である。

悲しむ辰子の母が、別れを告げる辰子を想って投げた松明が、水に入ると魚の姿をとった。これが田沢湖のクニマスの始まりという[† 4]

八郎太郎と南祖坊の戦い(その2)、八郎太郎と辰子[編集]

八郎太郎は、いつしか辰子に惹かれ、田沢湖へ毎冬通うようになった。辰子もその想いを受け容れたが、ある冬、辰子の元に南祖坊が立っていた。辰子を巡って再度戦った結果、今度は八郎太郎が勝ちを収めた。それ以来八郎太郎は冬になる度、辰子と共に田沢湖に暮らすようになり、主が半年の間いなくなる八郎潟は年を追うごとに浅くなり、主の増えた田沢湖は逆に冬も凍ることなくますます深くなったのだという[† 5][† 6]

人間に姿を変えた八郎太郎の旅の途中、彼を泊めた旅籠では夜の間彼の部屋を見てはならないと言い含められ、覗き見た宿は必ず不幸に合うと言われていた[1]

実際の事件との関わり[編集]

この三湖伝説は、実際に起きた自然災害との関わりが指摘されている[2]915年十和田湖にあった火山は2000年来最大とも言われる大噴火を起こす。この噴火によってもたらされた噴火降下物は各地で堆積し、自然のダムを造った。ダムは周囲を水浸しにしながらも最終的に決壊し、各地で大洪水を起こす。秋田県北秋田市胡桃館遺跡もこの時の洪水によって地下に埋まった遺跡である[3]。そして、まさにこの被害を受けた地区に八郎太郎の伝説が残っているのである[4]

たとえば、南祖坊と八郎太郎の七日七晩の戦いは、稲妻を投げ合ったり、法力を駆使したりの壮絶なものであるとする表現があるが、これが十和田湖火山の噴火の様子を記述しているという人もいる。また、七座山の伝説に残っている「白鼠」は火山降下物が堆積し流れ下るシラス洪水なのではないかと指摘されている[4]

このことは、1966年平山次郎市川賢一によって「1000年前のシラス洪水」という論文で発表されている[5][注釈 3]。また、『荷上場郷土誌』[6](石井修太郎、明治45年)でも、三湖伝説は十和田湖火山の噴火によるものであると指摘している。火山から流れた土砂が「白土」という灰白土で、米代川沿岸に限りこの白土があることを指摘しており、噴火後数百年間米代川が白濁し、その伝説がだんぶり長者伝説として残されたのではないかとした。さらに、米代川沿岸から白土の流出によって、家具や陶器、大木が出土することも証拠とした。ただ、この本では火山灰の元は八幡平からではないかとしている。

早川由紀夫『十和田湖の成立ちと平安時代に起こった大噴火』(1997年4月、NAID 10026659981)では、915年の大噴火の根拠は『扶桑略記』に「7月5日の朝日が月のようだったので人々は不思議に思った。13日になって出羽の国から、灰が降って2積もった、桑の葉が各地で枯れとの報告があった」(はいずれも宣明暦)という記録としている。下流の胡桃館遺跡に、902年の年輪を持つ杉材が火山灰におおわれていることも根拠としている。また、火山灰が十和田火山の西側や南側に流れているのは、やませによるものとしている。また「八郎太郎ものがたり」はこの時の噴火の模様をあらわしたものとしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 江戸時代のこの地区の古文書に次のような記載がある。1817年6月の洪水で小ヶ田から埋没家屋が出土した。埋没家屋が破損せず障子の板に墨で描いた牡丹の絵があるなど、そのままの形で出てきたことから、これは地震や山崩れではなく、七座神社の縁起にある「大同2年(807年)六月二十一日、潟の八郎という異人が七倉山の所で米代川をせき止め、鷹巣盆地は三年にわたって水底となった」より、この埋没家屋が出来たという説を紹介し、今まで埋没家屋が出たのは34軒だとしている。(長崎七左衛門「文化十四年丑六月洪水記録」・「秋田の古文書研究 (1)古代の謎 『埋没家屋』」に収録)
  2. ^ 小ヶ田から出土した埋没家屋を元に、三湖伝説や地形の変化を考察した江戸時代の人がいた。黒沢(二階堂)道形による『秋田千年瓦』がそれで、秋田叢書 第9巻に収録されている。
  3. ^ 1966年4月号の地質ニュースに掲載されている。データはPDF化されて地質調査総合センターのサイトに現在置かれている(リンク PDF)。

注釈(付随する伝承)[編集]

  1. ^ 鹿角市十和田地区では、男神山と女神山の間をぬうように流れる米代川をせき止めようと、八郎太郎は近くの茂谷山をひもを使って動かし、男神山と女神山の間をせき止め鹿角に自らのすみかを作ろうとした。鹿角の42人の神々はこれを知って驚き、大湯の西の方に集まって評定した。大湯環状列石の北西にある集宮(あつみや)神社はこのときに神々が集まった場所とされる。神々は八郎太郎へ石のつぶてをぶつけることに決め、石を切り出すために花輪福士の日向屋敷にいた12人の鍛冶に金槌、ツルハシ、鏨などを沢山作らせ、牛に集宮まで運ばせた。途中あまり重たいので血を吐いて死ぬ牛がおり、そこは乳牛(チウシ)と現在呼ばれている。これに気づいた八郎太郎は、すみかをつくることをあきらめて茂谷山の中腹にかけた綱をほどいたが、その跡は現在も段になって残って見えるとされる。
  2. ^ 八郎潟北西岸に祀られている妻は三種町芦崎の姥御前神社の祭神、夫は八郎潟町の「夫殿の岩窟」(おとどののいわや)の祭神である。夫殿の岩窟は現在国道7号線からも見ることができる大きな岩穴で、大昔ここが海岸だった時代の波の穴と言われている。また、縄文時代には住居としても使われている。また、芦崎地区では夫婦別れの原因となった鶏を不吉なものとして忌み嫌い、他の地区に行っても卵も食べない人が多かったが、敗戦のショックからその風習も廃れていったという。芦崎の地名は八郎太郎の「足の先」から名付けられたとも言われる。八郎潟が作られた日時は大同2年二月二十四日とされ、鷹巣盆地の日時と矛盾するが、水神系の祭日が二月二十四日に多く、大同2年は天台宗の慈覚大師伝承や坂上田村麻呂伝承によく使われる年号で、「物事の起きた年」という意味合いであるとする人もいる。(「東北復興」2013年9月16日 第16号、2面)
  3. ^ 八郎太郎には、男鹿半島の一の目潟の女神に惚れ、一の目潟に棲もうとした伝説もある。しかし男鹿真山神社の神職で弓の名人であった、武内弥五郎に片目を射られ撤退したという(『辰子姫と八郎太郎 伝説の田沢湖』、1965年、p.20-22)。
  4. ^ 後に八郎太郎が辰子と暮らすようになった時、噂を聞きつけた南祖坊が再び八郎太郎へ戦いを挑んだ際、辰子がクニマスを南祖坊へ投げつけ、松明に戻ったクニマスにより南祖坊が火傷を負い、撤退した話が伝わっている。また、八郎太郎が、田沢湖の辰子姫のもとへ通ったとき、湖に落としてしまった松明がクニマスになったという話もある。(『上小阿仁の民俗』、東洋大学民俗研究会、1979年、p.435)
  5. ^ 辰子と田沢湖に暮らす以前から、八郎潟が冬になると凍ってしまう事から凍る事の無い一の目潟の女神に一緒に住むことを申し込むがかなわず、渡り鳥から自分と同じく竜となってしまった辰子の存在を知り、辰子に求愛する民話もある(『秋田民話集』、1966年、p.23-25)。
  6. ^ 秋田県仙北市の潟尻集落の神明堂では、毎年夜を徹した宴会を開く。これは、八郎太郎が湖に飛び込む音を聞くと死ぬため、聞かないようにするためという(『羽後の伝説』、1976年、p.49-50)。

出典[編集]

  1. ^ 『秋田民俗』、1977年、p.25
  2. ^ 天災と日本人』、158-159頁。
  3. ^ 「国指定文化財等データーベース」秋田県胡桃館遺跡出土品 詳細解説
  4. ^ a b 天災と日本人』、159頁。
  5. ^ 天災と日本人』、159-160頁。
  6. ^ 『秋林・田口文書』収録、二ツ井町史編纂委員会、1997年、p.702-721

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]