野村純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野村 純一 (のむら じゅんいち、1935年3月10日 - 2007年6月20日)は、日本の民俗学者文化人類学者国文学者文学博士東京都出身。2000年紫綬褒章受章。いち早く口裂け女民俗学口承文芸の見地から研究し、日本における怪談研究、都市伝説研究の先駆けとなった。

学歴[ソースを編集]

職歴[ソースを編集]

岩倉高等学校教諭、國學院大學兼任講師を経て、1966年専任講師。助教授を経て、1981年國學院大學文学部日本文学科教授。國學院大學図書館長も兼任し、國學院大學名誉教授。日本民俗学会理事、日本口承文芸学会会長、日本昔話学会理事など。

著書[ソースを編集]

  • 『笛吹き聟―最上の昔話』(東出版 、1968年)
  • 『昔話伝承の研究』(同朋舎出版、1984年)
  • 『昔話の語り手』(法政大学出版局、1983年)
  • 『昔話と文学』(名著出版、1984年)
  • 『昔話と民俗』(名著出版、1984年)
  • 『昔話研究集成』(名著出版、1984年)
  • 『ストーリーテリング』(弘文堂、1985年)
  • 『名人・奇人 (ふるさとの伝説)』(ぎょうせい、1989年)
  • 『日本の世間話』(東京書籍、1995年)
  • 『昔話伝説研究の展開』(三弥井書店、1995年)
  • 『日本・村落伝承の現在 -遠野から遠野まで-』(日中昔話伝承の現在、1996年)
  • 『昔話の森--桃太郎から百物語まで--』(大修館書店、1998年)
  • 『新、桃太郎の誕生―日本の「桃ノ子太郎」たち』(吉川弘文館、2000年)
  • 『江戸東京の噂話―「こんな晩」から「口裂け女」まで』(大修館書店、2005年)
  • 『昔話の旅語りの旅』(アーツアンドクラフツ 、2008年)
  • 野村純一著作集 全9巻 清文堂出版、2010-

共編著[ソースを編集]

  • 『五分次郎―最上・鮭川の昔話』野村敬子共編、桜楓社、1971年)
  • 『出羽の伝説』須藤克三佐藤義則共著、角川書店、1976年)
  • 遠野物語小事典』渋谷勲菊池照雄米屋陽一共著、ぎょうせい、1992年)
  • 『一冊で日本古典名話100選を読む―日本人の心に生き続ける名作の数々』乾克己小林保治共編、友人社、1994年)
  • 『日本伝承文学』大島広志花部英雄共編、おうふう、1996年)
  • 柳田國男事典』宮田登三浦佑之吉川祐子共編、勉誠出版、1998年)
  • 『日本説話小事典』(野村純一、三浦佑之藤島秀隆高木史人編集、大修館書店、2002年)
  • 柳田國男未採択昔話聚稿 編著.瑞木書房 2002.2.
  • 伝承文学研究の方法(編)岩田書院、2005 
  • 『ふるさとお話の旅〈1〉秋田―秋田のとっぴん語り』監修、花部ゆりいか編集、星の環会、2005年)
  • 『ふるさとお話の旅〈4〉東京―東京・江戸語り』監修、野村敬子編集、星の環会、2005年)
  • 『ふるさとお話の旅〈8〉奈良・大阪―やまと・なにわの昔語り』監修、大西登貴子編集、星の環会、2005年)
  • 『定本関澤幸右衛門昔話集―「イエ」を巡る日本の昔話記録』編、清野照夫写真、瑞木書房、2007年)

論文[ソースを編集]

  • 「民間説話の比較研究」(國學院大學大学院紀要、1992年)
  • 「菅江真澄の旅と童物語」(菅江真澄研究会、1992年)
  • 「鬼になる方法」(1995年)
  • 「柳田國男と「村の話」 -昔話研究への出立-」(昔話 -研究と資料- 24号、1996年)
  • 「「桃太郎力持ち」の事」(口承文藝研究、1997年)
  • 「「敬っての物語」考-その後の「いではみちのくぶり」-」(1998年)
  • 「「越後地震口説」のこと(上)」(1999年)

受賞歴[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]