見るなのタブー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

見るなのタブー(みるなのタブー)は、世界各地の神話民話に見られるモチーフの一つである。何かをしている所を「見てはいけない」とタブーが課せられたにも拘らず、それを見てしまったために悲劇(多くは離別)が訪れる、または決して見てはいけないと言われた物を見てしまったために恐ろしい目に遭うという類型パターンを持つ。見るなの禁止とも。民話の類型としては禁室型(きんしつがた)とも言う。

心理学的にはこの様に見てはいけないと言われると余計に見たくなってしまう心理的欲求をカリギュラ効果と呼ぶ。

概要[編集]

見るなのタブーはヘブライ神話やギリシア神話、日本神話をはじめ、多くの神話体系で見られる(下記事例参照)。フロイト『トーテムとタブー』において、王権がタブー(禁忌)とされること(触れてはならない)を論じ、このタブーが法や戒律の基礎をなすとしている。精神科医北山修は、フロイトの『トーテムとタブー』での考察をふまえ、このモチーフについて精神医学または精神分析的な観点から考察し、ある社会体系に住む人々、とくに日本人の精神構造を根本的に規定しているとみなした[1]

民話における禁室型[編集]

異類の者と結婚をした人間が、見るなのタブーを犯して異類の者の本当の姿を見てしまい、それが元で離別するという話は、この類型のフランスの伝説に登場するメリュジーヌからメルシナ型(メリュジーヌ・モチーフ)とも呼ばれる[2]

事例[編集]

旧約聖書[編集]

  • 創世記9章18節-27節において、父ノアの酔っぱらった寝姿を息子ハムが見てしまい、ノアによってハムの息子カナンとその子孫が呪われてしまう。
  • 創世記19章において、ソドムとゴモラが滅ぼされるとき、神の使いロトの家族に振り返るなと言ったが、ロトの妻は振り返ってしまったので塩の柱となってしまった。

ギリシア神話[編集]

  • 「パンドラの箱」。人間に火を使うことをもたらしたプロメーテウスを懲らしめるために、ゼウスはあえて彼の弟であるエピメーテウスの元へパンドーラーという女性に壺を持たせ贈った。その時、「この壺だけは決して開けるな」と言い含めていた。エピメーテウスはパンドーラーに惚れ、結婚した。パンドーラーもエピメーテウスと満足した生活を送っていたが、ふとしたときに「この壺は何かしら」と気になり、壺を開けてしまった。そこからは、恨み、ねたみ、病気、猜疑心、不安、憎しみ、悪徳など負の感情が溢れ出て、世界中に広まってしまった。パンドーラーは慌ててその箱を閉めるが、既に一つを除いて全て飛び去った後であった。最後に残ったものは希望とも絶望とも、未来を全て分かってしまう災い(予兆)ともいわれる。それによって人類は希望だけは失わずにすんだと言われる。こうして、以後人類は様々な災厄に見舞われながらも希望だけは失わず(あるいは絶望することなく)生きていくことになった。
  • 竪琴の名手オルペウス(オルフェウス)は、毒蛇に咬まれて死んだ妻エウリュディケーを生き返らせようと決意して冥界へ行き、冥王ハーデースと交渉を試みた末に「地上に戻るまでは決して後ろを振り向いてはいけない。成し遂げたら妻を返そう」と約束させることに成功した。しかし、エウリュディケーが本当に付いて来ているか不安だったオルペウスは、もう少しで地上にたどり着くという所で後ろを振り向いてしまい、同時にエウリュディケーは冥界に引き戻されてしまった。オルペウスは絶望しながら地上を彷徨い歩いた末に悲惨な死を遂げ、再び冥界でエウリュディケーと一緒になることができた。
  • とある小国の王女プシューケーは絶世の美女だったが、これを快く思わない美の女神アプロディーテーは、プシューケーが決して子孫を残さぬよう鉛の矢で撃つことを息子エロースに命じた。だがエロースはプシューケーの美しさに恋をしてしまった。エロースは魔神に化けてプシューケーの両親の前に現れ、彼女を生贄として捧げるよう命じた。晴れてプシューケーと同居したエロースだが、神であることを知られては禁忌に触れるため、暗闇でしかプシューケーに会おうとしなかった。姉たちに唆されたプシューケーが灯りをエロースに当てると、エロースは逃げ去ってしまった。その後、エロースの端正な顔と美しい姿を見てプシューケーも恋に陥り、人間でありながら姑アプロディーテーの出す難題を解くため冥界へ行き、冥府の女王ペルセポネーに首尾よく美の箱を分けてもらうことができた。しかし、プシューケーは箱の中味が気になり、箱を開けてしまった。その箱の中には冥府の眠り、すなわち死が入っていた。プシューケーの亡骸を見付けたエロースは、彼女に取り憑いていた冥府の眠りを箱に戻し、再び彼女を目覚めさせた。その後、二人は神々の王ゼウスの仲立で正式に結婚を認められ、プシューケーはエロースと同じく神の身分として生きることになった。

日本神話[編集]

  • 神産みの段で、亡くなったイザナミを追って黄泉の国を訪れたイザナギは、中を見るなとイザナミに言われたにもかかわらず櫛に火をつけ扉を開けて中を見てしまう。自身の朽ち果てた姿を見られたイザナミは怒り、逃げるイザナギを追いかけ、黄泉の国の入り口で二神は離婚する。
  • 高天原を追放されたスサノオは、途中でオオゲツヒメの饗応を受けるが、オオゲツヒメが料理を用意している所を覗き見、オオゲツヒメが口や尻から食物を取り出していることを知り、怒ってオオゲツヒメを斬り殺してしまう。(見ることを禁止はされていないが、見るなのタブーの変形と考えられる)
  • 天孫降臨の段で、トヨタマビメに子を産む所を見るなと言われたにもかかわらず、ホオリ(山幸彦)は産屋を覗き見てしまう。そこには八尋の和邇サメと考えられる)に姿を変えたトヨタマビメがいた。これが元で、トヨタマビメは子を産んだ後、海の中へ帰って行ってしまう。そのときに産まれた子がウガヤフキアエズで、その子が神武天皇である[3]
  • 日本書紀の崇神天皇条において、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめ)は大物主と結婚するが、大物主が夜にしか現れないので、倭迹迹日百襲姫命は姿を見たいという。大物主は姿を見ても驚かないようにと言うが、翌朝、蛇に姿を変えて櫛箱に入っていた大物主を見て倭迹迹日百襲姫命が驚いてしまったので、大物主は恥をかかせたなと怒って山に帰ってしまった(「見ること」自体を禁じられてはいないが、「見たこと」が原因で離別したという点で、見るなのタブーの変形と考えられる)。倭迹迹日百襲姫命は自らの行いを恥じて女性器を箸で刺して自害した[4](驚いて座り込んだ拍子にそこにあった箸が刺さって死んだとも)。

日本の民話[編集]

中国の古典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北山修『見るなの禁止』岩崎学術出版社、1993年。北山修・橋本雅之『日本人の<原罪>』講談社現代新書,2009.
  2. ^ メルシナ型の多くは、二人の間の子孫が王などの始祖となったという建国神話となっている[要出典]
  3. ^ メルシナ型の典型である[要出典]
  4. ^ ここから倭迹迹日百襲姫命の墓は箸墓と呼ばれるようになった。これが箸墓古墳の由来である。
  5. ^ 自分のことを誰にも話してはいけないと雪女から命令されたにも関わらず、主人公がこれを破ったために離別を招く結果となった点において、見るなのタブーの変形と言える。

参考文献[編集]

関連項目[編集]