ペルセポネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イシス・ペルセポネー像 (イラクリオンにある考古学博物館蔵)

ペルセポネー古希: ΠΕΡΣΕΦΟΝΗ, Περσεφόνη, Persephonē)は、ギリシア神話に登場する女神冥界の女王である。

ゼウスデーメーテールの娘(一説にゼウスとステュクスの娘[1])で、ハーデースローマ神話プルートーに相当)の妻として傍らに座しているとされる。しばしばコレー(「乙女」の意)とも言及される(地上にいる間はコレーと呼ばれ、冥界に入るとペルセポネーと呼ばれることもある)。

日本語では長母音を省略してペルセポネペルセフォネとも呼ぶ。ローマ神話ではプロセルピナと呼ばれ、春をもたらす農耕の女神となっている。

神話[編集]

ペルセポネーの略奪[編集]

ペルセポネーの略奪 (レンブラント・ファン・レイン/画, 1631)

神話によると、ペルセポネー(当時のコレー)は、ニューサ(山地であるが、どこであるのか諸説ある)の野原でニュムペー妖精)たちと供に花を摘んでいた[2]。するとそこにひときわ美しい水仙の花が咲いていたのである。ペルセポネーがその花を摘もうとニュムペーたちから離れた瞬間、急に大地が裂け、黒い馬に乗ったハーデースが現れ彼女は冥府に連れ去られてしまう。

デーメーテールの怒り[編集]

オリュムポスでは、ペルセポネーが行方知れずになったことを不審に思った母デーメーテールが、太陽神ヘーリオスから、ハーデースがペルセポネーを冥府へと連れ去ったことを知る[2]。女神はゼウスの元へ抗議に行くが、ゼウスは取り合わず、「冥府の王であるハーデースであれば夫として不釣合いではない」と発言した。これを聞き、娘の略奪をゼウスらが認めていることにデーメーテールが激怒し、オリュンポスを去り大地に実りをもたらすのをやめ、地上に姿を隠す。

一方、冥府に連れ去られたペルセポネーは丁重に扱われるも、自分から進んで暗い冥府に来た訳ではない為、ハーデースのアプローチに対しても首を縦に振る事は無かった。

四季の始まり[編集]

ペルセポネーの帰還 (フレデリック・レイトン/画, 1891)

その後ゼウスがヘルメースを遣わし、ハーデースにペルセポネーを解放するように伝え、ハーデースもこれに応じる形でペルセポネーを解放した。その際、ハーデースがザクロの実を差し出す。それまで拒み続けていたペルセポネーであったが、ハーデースから丁重に扱われていた事と、何より空腹に耐えかねて、そのザクロの実の中にあった12粒のうちの4粒(または6粒)を食べてしまった。

そして母であるデーメーテールの元に帰還したペルセポネーであったが、冥府のザクロを食べてしまった事を母に告げる。冥界の食べ物を食べた者は、冥界に属するという神々の取り決めがあった為、ペルセポネーは冥界に属さなければならない。デーメーテールはザクロは無理やり食べさせられたと主張してペルセポネーが再び冥府で暮らすことに反対するも、デーメーテールは神々の取り決めを覆す事は出来なかった。そして、食べてしまったザクロの数だけ冥府で暮らす事になり、一年のうちの1/3(または1/2)を冥府で過ごす事となり、彼女は冥府の王妃ペルセポネーとしてハーデースの元に嫁いで行ったのである[3]。そしてデーメーテールは、娘が冥界に居る時期だけは、地上に実りをもたらすのを止めるようになった。これが冬(もしくは夏)という季節の始まりだという。

また、ペルセポネーが地上に戻る時期は、母である豊穣の女神デーメーテールの喜びが地上に満ち溢れるとされる。これが春という季節である。そのため、ペルセポネーは春の女神(もしくはそれに相当する芽吹きの季節の女神)とされる。ペルセポネーの冥界行きと帰還を中軸とするエレウシース秘儀は死後の復活や死後の世界における幸福、救済を保証するものだったと考えられている[4]

デーメーテールがポセイドーンとの間に産んだ娘、デスポイナと同一視されることもあり、ギリシア神話が確立される以前はポセイドーンとデーメーテールの間に産まれた子だった。そもそもペルセポネー自体が本来デーメーテールと同じ神であり、同一神格の別の面が強調されただけではないかともいわれる[5]

なおペルセポネーへの言及は『オデュッセイア』、オルペウス説話などにも見られる。

物語[編集]

このように、ペルセポネーは強制的にハーデースの妻にされてしまったが、ハーデースの妻であることを受け入れ、ギリシャ神話では夫のそばにいる場面が多い。またハーデースの恋人メンテーを厳罰に処すなど、強い嫉妬心を見せるようになった。しかしペルセポネー自身も美しい人間の男・アドーニスを深く愛し、ゼウス公認で一年の3分の1の間、彼を恋人として堂々とそばにおいている。

メンテー(ミント)[編集]

コキュートス川のニュムペー、メンテーはペルセポネー以前にハーデースが愛した女性[6]

ハーデースは最初にメンテーを愛したが、後に地上からペルセポネーをさらって冥府に連れてきた。メンテーは嫉妬に狂ってペルセポネーに怒りや不満の言葉を浴びせた。自分の方がペルセポネーよりも美しいのだから、ハーデースもいずれ自分とよりを戻し、館からペルセポネーを追い出すだろう、と。しかしこの言葉が母デーメーテールの怒りを買った。メンテーはデーメーテールに足で踏みつぶされて死に、どこにでもある草ミントになった[7]。別の話によると、メンテーを踏みつけて草に変えたのはペルセポネーで、ピュロス市の東にはメンテーの名に由来する山があった[8][注釈 1]

アドーニス(アネモネ)[編集]

アッシリア王キニュラースの娘ミュラー(スミュルナ)が父王を愛し、その結果生まれたアドーニス。

この不幸な出生のアドーニスの養育を、愛の女神アプロディーテーは密かにペルセポネーに頼んだ。しかしアドーニスの美しさにペルセポネーもアドーニスを愛するようになった。そこでゼウスは1年の3分の1をそれぞれアプロディーテー、ペルセポネーと暮らし、残る3分の1をアドーニスが好きなように使うよう決めたのだが、アドーニスは自分の時間を全てアプロディーテーに与えた[9]。これを知ったアレースは獰猛な猪に変身し、アドーニスを殺した。この時アドーニスが流した血からアネモネが生まれ、死を悲しみアプロディーテーが流した紅涙が白薔薇を赤く染めた。

その他[編集]

  • セイレーンは、元はペルセポネーに仕えていたニュムペーで、ペルセポネーがハーデースに誘拐されると、毎日悲しんでばかりで、「恋愛もせず、泣いてばかりで許せない」、とアプロディーテーの怒りを買い、怪鳥の姿に変えられてしまったとの説もある[10]
  • プシューケーがアプロディーテーの試練により冥府に来た際、美の箱を渡したり、冥府に連れて来られたシーシュポスの三日間だけ生き返らせてくれという頼みを叶えたりするなど、冥府の女王としての描写も多数ある。
  • また、ディオニューソスギンバイカの木と引き替えに母親のセメレーを冥府から帰している。
  • 「ペルセポネー」という名前の意味については諸説がある。
    • 「光を破壊する女」或いは「目も眩むような光」[11]
    • 「破壊する者」[12]
  • その象徴は水仙、ザクロ[13]蝙蝠である[14]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ オウィディウスもペルセポネーがメンテーを香しいミントに変えたと述べている(『変身物語』10巻728行-731行)。

脚注[編集]

  1. ^ アポロードロス、第1巻1・13。
  2. ^ a b 『ギリシア・ローマ神話辞典』p.165。
  3. ^ ギリシア神話』(アポロードロス)第1巻5.3
  4. ^ 地獄』p.143。
  5. ^ 早わかりギリシア神話』p.82。
  6. ^ オッピアヌス『漁夫訓』3巻487行。
  7. ^ オッピアヌス『漁夫訓』3巻488行-497行。
  8. ^ ストラボン、8巻3・14。
  9. ^ アポロードロス、第3巻14・4。
  10. ^ 『オデュッセイア』エウスタティウス注より。
  11. ^ フェリックス・ギラン『ギリシア神話』邦訳、p.252。
  12. ^ 神話・伝承事典』p.624。
  13. ^ 「聖書」と「神話」の象徴図鑑』 p.66f。
  14. ^ フェリックス・ギラン『ギリシア神話』邦訳、p.253。

参考文献[編集]

原典資料[編集]

二次資料[編集]

関連項目[編集]