フィッツウィリアム美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィッツウィリアム美術館

フィッツウィリアム美術館 (Fitzwilliam Museum) は美術品やアンティークを収めた美術館で、ケンブリッジ大学の一部である。1816年にリチャード・フィッツウィリアム子爵のコレクションを元に設立された。

概要[編集]

フィッツウィリアム美術館はアンティーク、工芸品、コインやメダル、写本や書籍、そして絵画や素描の5つの部門からなっている。

アンティークには古代エジプト、スーダン、ギリシャ、ローマ、アジア、キプロス島由来のものも含まれている。

工芸品にはイギリスまたヨーロッパの陶器やガラス製品、家具、時計、甲冑、中国・日本・韓国の美術品、ラグ等も含まれる。

絵画作品にはマルティーニドメニコ・ヴェネツィアーノ英語版ティツィアーノヴェロネーゼルーベンスヴァン・ダイクハルスカナレットホガースコンスタブルゲインズバラモネドガルノワールセザンヌピカソといった巨匠たちの作品が含まれている。

多くの作品はケンブリッジ大学からの貸出という形になっている。例えば、セザンヌやスーラといった印象派の作品はキングス・カレッジが所有している。また、マドックス・ブラウンといったラファエル前派の作品も所蔵している。

加えて、16世紀のエリザベス女王時代にウィリアム・バードジョン・ブル (作曲家)オーランド・ギボンズトマス・タリスが残した楽譜も所蔵している。

外部リンク[編集]