アンキーセース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイネイアースに背負われて脱出するアンキーセース。フェデリコ・バロッチen)『アイネイアースの逃亡』(1598年)。ローマボルゲーゼ美術館所蔵

アンキーセース古希: Ἀγχίσης, Anchīsēs)は、ギリシア神話の人物である。ラテン語ではアンキーセス長母音を省略してアンキセスとも表記される。

トロイアイーロスの娘テミステーとアッサラコスの子カピュスの子[1]。一説にアッサラコスの子、またカピュスの子でラーオコーンと兄弟とも言われる[2]。愛と美の女神アプロディーテーに愛されたことで知られ、アイネイアース、リュロスをもうけた。またヒッポダメイアという娘もいた。

神話[編集]

アプロディーテーとの恋[編集]

神話によれば、ゼウスはアプロディーテーが神々を人間と結びつけていたので、アプロディーテーがいい気になって自慢したりしないように、アプロディーテーにアンキーセースへの恋を吹き込んだという。

アプロディーテーはイーデー山で暮らすアンキーセースを見て恋の虜になった。そこでアプロディーテーはキュプロスに帰って身なりを整え、再びアンキーセースを訪ねた。アンキーセースはアプロディーテーを見て、あまりの美しさに女神ではないかと疑った。しかしアプロディーテーは神の姿を隠し、プリュギア王オトレウスの娘であると偽り、ヘルメース神がアンキーセースの妻とするために自分をさらって連れて来たと言った。アンキーセースは愛欲に逆らえず、アプロディーテーと一夜をともにした。

翌朝、アプロディーテーは神の姿に戻り、アンキーセースを起したが、目覚めたアンキーセースはその姿を見てすっかりおびえてしまった。彼は女神と交わった男は精を失うと信じていたので[3]、精を失った身体で生き続けることがないよう懇願した。アプロディーテーはアンキーセースをなだめ、彼の子を身ごもったこと、その子を5年間ニュムペーに育てさせた後に連れてくること、そしてアプロディーテーに子供を生ませたことをみだりに話すと怒ったゼウスが雷を投げつけるだろうことを伝えて去っていった。[4]

トロイアの脱出[編集]

しかしアンキーセースは酒に酔ってアプロディーテーに愛されたことを話してしまったので[5]、ゼウスの雷に撃たれ、仕事のできない身体になってしまった[6]。また一説にハチに目を刺されて失明したという[7]

後にトロイア戦争イーリオス城が陥落したさい、アンキーセースはアイネイアースに従わず、脱出せずに城内に残ろうとした。しかし雷鳴とともに天に流星が現れ、逃げるべき方向を示したとき、ついに諦めて、アイネイアースに背負われて脱出した。その後トロイアを出航してイタリアを目指し、シチリア島で死んだという[8]

系図[編集]

 
 
エーレクトラー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーアシオーン
 
ダルダノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シモエイス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
アステュオケー
 
 
 
スカマンドロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トロース
 
 
 
カリロエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガニュメーデース
 
イーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アッサラコス
 
ヒエロムネーメー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーオメドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ストリューモー
 
 
 
 
 
テミステー
 
カピュス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘカベー
 
プリアモス
 
 
ヘーシオネー
 
テラモーン
 
 
アステュオケー
 
テーレポス
 
 
 
アンキーセース
 
アフロディーテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
 
ヘクトール
 
カッサンドラ
 
ヘレノス
 
デーイポボス
 
ポリュクセネー
 
パリス
 
 
 
アイネイアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドロマケー
 
 
アステュアナクス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレネー
 
 
 
 
 
 
 
 
アスカニオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



脚注[編集]

  1. ^ 『イーリアス』20巻230~240。アポロドーロス、3巻12・3
  2. ^ どちらもヒュギーヌス。前者は94、270。後者は135。
  3. ^ この考えは東方的であると言われる。
  4. ^ ホメーロス風讃歌』第5歌(「アフロディーテー讃歌」)。
  5. ^ ヒュギーヌス、94。
  6. ^ 『アエネーイス』2巻647~649。
  7. ^ テオクリトス、1・106、107。
  8. ^ 『アエネーイス』。

参考文献[編集]

関連項目[編集]