ラードーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘーラクレースとラードーン。ローマ時代レリーフ

ラードーン古希: Λάδων, Lādōn)は、ギリシア神話に登場する、林檎園の黄金の林檎を守っていた、100の頭を持つ茶色いドラゴン長母音を省略してラドン、あるいは一部の長母音のみを省略や発音の違いから、ラドゥーンラードゥンとも表記される。

テューポーンエキドナの子の一人である。口から炎を吐き、一説では顎の関節が尾にある為、体全体が口のようになっており、百の首を持つといわれている。常に眠らずに黄金の林檎を守っていた。 彼はヘーラクレースの十二の難行、「金の林檎を取ってくる」冒険の際に、口の中にの巣を投げ込まれ、蜂に口の中を刺されて倒された(弟のヒュドラーの毒のついた矢によって倒されたとする説も)。金の林檎を守った功績をたたえた神はラードーンを天空に上げりゅう座とした。

関連項目[編集]

参考文献[編集]