ヒュギエイアの杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒュギエイアの杯

ヒュギエイアの杯(ヒュギエイアのさかずき、: Bowl of Hygieia)とは、ギリシア神話に登場する名医アスクレピオスの娘のヒュギエイアが持っていたヘビの巻きついた杯として表現される。アスクレピオスの杖と並び医療・医術の象徴として世界的に広く用いられているシンボルマークである。特にアスクレピオスの杖が医学のシンボルとされるのに対し、ヒュギエイアの杯は薬学のシンボルとして用いられる場合が多い[1]

アスクレピオスの杖

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 古川明「序文」 『医学と薬学のシンボル - アスクレピオスの杖とヒギエイア(ハイジア)の杯』医歯薬出版、2002年3月。ISBN 978-4-263-20163-3http://www.ishiyaku.co.jp/search/details_1.cfm?cid=2&bookcode=2016302009年3月28日閲覧 

関連項目[編集]