金羊毛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金羊毛とイアソン

金羊毛(きんようもう、古希: χρυσόμαλλον δέρας)は、ギリシア神話に出てくる秘宝のひとつで、翼を持つ金色の羊の毛皮のこと。コルキスの王が所有し、眠らないドラゴンによって守られていた。金羊裘(きんようきゅう)、金色の羊毛、黄金の羊毛、金色羊の革、ゴールデン・フリース(golden fleece)など、さまざまな表記がある。

神話の概略[編集]

金色の羊で逃げるプリクソスとヘレー

黄金の羊に関しては以下の二つの神話が有名である。

プリクソスが空飛ぶ金色の羊で逃げる話[編集]

ボイオーティア王のアタマースネペレーと結婚し、プリクソスヘレーをもうけるが、カドモスの娘イーノーに恋をし、彼女と再婚する。2人の子はこの後妻に殺されそうになるが、ゼウスが(ネペレー説も)翼のある金色の羊をつかわし、2人はそれに乗って逃げる。ヘレーは途中で落ち、プリクソスはコルキスに到着し、眠らないドラゴンにその羊を守らせる。[1]

イアーソーンとアルゴナウタイが金羊毛を取りに行く話[編集]

異父兄弟のペリアースに王位を奪われたイオールコス王のアイソーンは、自分の息子のイアーソーンを死んだことにして、山の賢者のもとに送った。成長したイアーソーンは、王位を奪還するために故郷へ向かう途中、川の前で困っている老女に会い、彼女を背負って川を渡る際にサンダルを片方流してしまう。老女は女神ヘーラーの化身だった[2]

ペリアースは、「片足だけサンダルを履いた男に気をつけろ」という予言を得ていたため、イアーソーンが現れたとき、「コルキスの金色の羊毛を持ってくることができたら王位を譲る」と、できそうにない難題を出してイアーソーンを遠ざける。

アルゴー号

イアーソーンは50人の勇士(アルゴナウタイ)を集め、アルゴー号に乗ってコルキスに向かう。さまざまな苦難を乗り越え、ヘレーの助けを借りながら目的地に辿り着き、コルキス王のアイエーテースに金羊毛を渡すよう願い出る。アイエーテースもイアーソーンに難題を出すが、イアーソーンに恋する王の娘のメーデイアの助けを借りて成功させる。金羊毛を渡したくないアイエーテース王は、イアーソーンたちを殺そうとするが、イアーソーンは再びメーデイアの助けを借りて、危機を脱し、金羊毛を奪い取る。

イアーソーンはメーデイアを連れて勇士たちとコルキスを出発。アイエーテース王が追いかけてくるが、再びメーデイアの助けで危機を脱し、故郷に戻る。金羊毛を渡してもペリアースが王位を譲らないため、ペリアースの娘たちを騙して父親を殺させる。その罪からイアーソーンとメーデイアは国外追放になり、コリントスで暮らすが、イアーソーンはコリントスの王女グラウケーに恋し、メーデイアを離縁する。怒ったメーデイアはイアーソーンの一族すべてを根絶やしにする。[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『知っておきたい伝説の英雄とモンスター』西東社, 2007
  2. ^ ロドスのアポローニオス『アルゴナウティカ』3巻66~74。
  3. ^ 『「歯車」の迷宮(ラビリンス): 注釈と考察』三嶋譲 hanashoin, 2009

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]