ステロペー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ステロペー古希: Στερόπη, Steropē)、またはアステロペー (古希: Ἀστερόπη, Asteropē) は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してステロペアステロペとも表記される。主に、

などのほか数名が知られている。以下に説明する。

プレイアデスの1人[編集]

このステロペーは、アトラースプレーイオネーの娘で、の女神・プレイアデス7姉妹の1人である[1][2]アポロドーロスによればエーリスのピーサの王オイノマオスの妻とされるが[1]ヒュギーヌスによればアステロペー(Asterope)ともいわれ、アレースとの間にオイノマオスを生んだとされる[3]

ヘスペリデスの1人[編集]

このステロペーは、アステロペー(「閃光」を意味する)という名前を表記してある。古代ギリシアの陶芸に描かれた4人のヘスペリデスの1柱で、リパラークリューソテミスヒュギエイアと同じくヘスペリデスの果樹園に住んでいる。

ポルターオーンの娘[編集]

このステロペーは、プレウローンの子ポルターオーンとヒッポダマースの娘エウリュテーの娘で、オイネウスアグリオス、アルカトオス、メラース、レウコーペウスと兄弟。河神アケローオスとの間にセイレーンを生んだ[4]ヘーシオドスによると彼女の母はラーオトエーで、エウリュステミステー、ストラトニケーの3姉妹であったとしている[5]

ケーペウスの娘[編集]

このステロペーは、アルカディアテゲアーの王ケーペウスの娘で、20人の兄弟がいた。ケーペウスがヘーラクレースラケダイモーンへの出兵を求められたとき、ケーペウスはアルゴスに攻められることを恐れて断ったので、ヘーラクレースはアテーナーゴルゴーンの髪の入った青銅の壺を授かり、ステロペーに敵が攻めてきたときにこれを敵に向けてかざすと敵を追い払うことができるとして与えた。こうしてケーペウスは20人の息子たちとともにヘーラクレースに従って出兵したが、みな戦死したという[6]

プレウローンの娘[編集]

アイトーロスの子のプレウローンとドーロスの娘クサンティッペーの間に生まれた娘。アゲーノール、ストラトニーケー、ラーオポンテーと兄弟[7]

アカストスの娘[編集]

イオールコスの王アカストスアステュダメイアの娘[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b アポロドーロス、3巻10・1。
  2. ^ ヒュギーヌス、192話。
  3. ^ ヒュギーヌス、84話。
  4. ^ アポロドーロス、1巻7・10。
  5. ^ ヘーシオドス断片23。
  6. ^ アポロドーロス、2巻7・3。
  7. ^ アポロドーロス、1巻7・7。
  8. ^ アポロドーロス、3巻13・3。

参考文献[編集]