セイレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紀元前330年頃のセイレーン像。アテネ国立考古学博物館所蔵

セイレーン古希: Σειρήν, Seirēn)は、ギリシア神話に登場する海の怪物である[1]。複数形はセイレーネス古希: Σειρῆνες, Seirēnes)。上半身が人間女性で、下半身はの姿とされるが後世にはの姿をしているとされた[2]。海の航路上の岩礁から美しい歌声で航行中の人を惑わし、遭難や難破に遭わせる。歌声に魅惑されて挙げ句セイレーンに喰い殺された船人たちの骨は、島に山をなしたという[1]

その名の語源は「紐で縛る」、「干上がる」という意味の Seirazein ではないかという説が有力である[2][3]長母音記号省略表記のセイレンでも知られるが、長音記号付き表記も一般的である。

上記のギリシア語はラテン語化されてシーレーンSiren, 複数形シーレーネス Sirenes)となり、そこから、英語サイレンSiren[注釈 1])、フランス語シレーヌSirène)、ドイツ語ジレーネSirene)、イタリア語シレーナSirena)、ロシア語シリェーナСирена)といった各国語形へ派生している。英語では「妖婦」という意味にも使われている。

概要[編集]

セイレーンは河の神アケローオス[5]ムーサメルポメネー(『ビブリオテーケー』)あるいはテルプシコラーノンノス『ディオニューソス譚』)、あるいはカリオペー(『アエネーイス』)との娘とされる[要出典]。また『ビブリオテーケー』は、海の神ポルキュース[5]ステロペーの娘ともする[要出典]。2人、3人、あるいは5人であるとされており[5]カリュブディス付近[5]のアンテモエッサ(「花の咲き乱れる」の意)島にいた[要出典]

何人姉妹で構成されるかについては諸説あり、二人の場合はヒメロペー古希: Ίμερόπη, Himeropê、「優しい声」の意)とテルクシエペイアー古希: Θελξιεπεια, Thelxiepeia、「魅惑的な声」)[注釈 2]、三姉妹ではレウコシアー古希: Λευκωσια, Leukôsia、「白」)・リゲイアー古希: Λιγεια, Ligeia、「金切り声」)・パルテノペー古希: Παρθενοπη, Parthenopê、「処女の声」)、四姉妹ではテルクシオペイアー古希: Θελξιεπεια, Thelxiepeia、「魅惑の声」)・アグラオペーメー古希: Aglaopêmê、「美しい声」)・ペイシノエー古希: Πεισινοη, Peisinoê、「説得的」)・モルペー古希: Μολπη, Molpê、「歌」)からなるといわれる[6]ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』では、テレース古希: Θελες, Teles)・ライドネー古希: Ραιдνη, Raidnê)・モルペー古希: Μολπη, Molpê)・テルクシオペー古希: Θελξιόπη, Thelxiopê)の四姉妹で構成されている[要出典]

元はニュムペー[要出典]あるいは人間で、ペルセポネーに仕えていたが、ペルセポネーがハーデースに誘拐された後に[5]ペルセポネーを探すために自ら願って鳥の翼を得た[5](『変身物語』による。ほか、ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』では、誘拐を許したことをケレースに責められ、鳥に変えられたとされる。『オデュッセイア』エウスタティウス注では、誘拐を悲しんで恋愛をしようとしなかったためアプロディーテーの怒りを買い、鳥に変えられたとされる[要出典]。)。

パウサニアス『ギリシア案内記』ではムーサと歌で競い合い、勝負に負けてムーサの冠を作るために羽をむしり取られたとされる[5]

物語[編集]

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス作『オデュッセウスとセイレーンたち』(1891年)。ヴィクトリア国立美術館en)所蔵。

セイレーンは、ホメーロスの『オデュッセイア』に登場する。オデュッセウスの帰路の際、彼は歌を聞いて楽しみたいと思い、船員には蝋で耳栓をさせ、自身をマストに縛り付け決して解かないよう船員に命じた。歌が聞こえると、オデュッセウスはセイレーンのもとへ行こうと暴れたが、船員はますます強く彼を縛った[1]。船が遠ざかり歌が聞こえなくなると、落ち着いたオデュッセウスは初めて船員に耳栓を外すよう命じた。ホメーロスはセイレーンのその後を語らないが、『神話物語集』によれば、セイレーンが歌を聞かせて生き残った人間が現れた時にはセイレーンは死ぬ運命となっていたため、海に身を投げて自殺した。死体は岩となり、岩礁の一部になったという。しかし声だけは死なず、現在でもある時期になるとセイレーンの歌声が聞こえ、船員がその声を聞いた船は沈没すると言われる[要出典]

アルゴナウティカ』にも登場する。イアーソーンアルゴナウタイがセイレーンの岩礁に近づくと、乗組員オルペウスライアーをかき鳴らして歌を打ち消すことができた。しかしブーテースのみは歌に惹かれて海に飛び込み泳ぎ去ってしまった[要出典]

中世以降の変化[編集]

中世以降は半人半鳥でなく、人魚のような半人半魚の怪物として記述されている[7][8]。これは古代において海岸の陸地を目印に航海していたのに対し、中世に羅針盤が発明されて沖合を航海できるようになったことから、セイレーンのイメージが海岸の岩場の鳥から大海の魚へと変化したためではないかと考えられている[7]。この頃には、海でセイレーンに会ったという記述が旅行記に記されるようになる[8]

ゲーテの『ファウスト』などに登場し、怪物としての性格が強まった。後世には、人魚や水の精などとも表現されるようになり、西洋絵画においてはとりわけ世紀末芸術で好まれる画題となった。カンツォーネの『帰れソレントへ』に登場する「麗しのシレン」もセイレーンのことである[要出典]

セイレーンを描いた図像には、二又に分かれた鰭を備えた魚の下半身となっているものがしばしばみられる。20世紀のフランスの美術史家ユルギス・バルトルシャイティス英語版によれば、セイレーンのこうした図像の構図は古代のアジアで既にみられており、アジア起源の構図がヨーロッパに伝えられてさまざまな図像で用いられたという[4]

西洋絵画[編集]

西洋絵画ではセイレーンはしばしば描かれてきたが、特にラファエル前派以降のイギリスの画家たちが男たちを誘惑する甘美なセイレーンの姿を描いている。フランス象徴主義の画家ギュスターヴ・モローも『セイレーンたち』(1882年)、『詩人とセイレーン』(1893年)と言った作品を描いたが、ギュスターヴ=アドルフ・モッサは『飽食のセイレーン』(1905年)でむしろ人を殺す残酷な一面を描いている。そのほか、パウル・クレーの『セイレーンの卵』(1937年)、ポール・デルヴォーの『セイレーンたちの村』(1942年)、『偉大なセイレーンたち』(1947年)、パブロ・ピカソの『オデュッセウスとセイレーンたち』(1947年)といった作品がある。

ギャラリー[編集]

現代におけるセイレーン[編集]

セイレーンの名は、カート・ヴォネガットの小説『タイタンの妖女』の原題にも普通名詞として複数形で使用されている。

セイレーンはまた、アメリカ合衆国で創業したコーヒーチェーン店のスターバックスのロゴマークにも描かれている。そこでのセイレーンの下半身は魚で、鰭は二又に分かれている[4][9]。ロゴのデザインの参考になったのはギリシア神話ではなく、創業時のスタッフが見つけた、ノルウェーの古い木版画に描かれていた二又の鰭を持つセイレーンであるという[9][10]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松平によれば、英語の「Siren」が初めて文書に表れたのは1340年であるという[4]
  2. ^ 壷絵に描かれたセイレーンの名[要出典]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]