アイトーロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アイトーロス古希: Αἰτωλός, Aitōlos, ラテン語: Aetolus)は、ギリシア神話の人物である。アイトーリア地方の王。長母音を省略してアイトロスとも表記される。

エーリス地方の王エンデュミオーンと、水のニュムペー、あるいはイーピアナッサの子とも[1]、またはアステロデア、アテーナイの王アムピクテュオーンの娘クロミアー、アルカディア地方の王アルカスの娘ヒュリッペーとの子で、パイオーンエペイオス、エウリュキダーと兄弟ともいわれる[2]。ポルバスの娘プロノエーとの間にプレウローンカリュドーンをもうけた[3]。一説にエンデュミオーンの父とも[4]、アムピクテュオーンの子で、ロクリスの祖父ともいわれる[5]

神話[編集]

アイトーロスは父エンデュミオーンの提案で王権をめぐって兄弟と徒競走で争ったが敗れ、エペイオスが王となった[6]。このためパイオーンはパイオニアに去ったが、アイトーロスはエーリスに残り、エペイオスの死後に王となった[7]。しかし後にアイトーロスは殺人の罪によってエーリスを去ることになった。

アポロドーロスによると、アイトーロスはアルゴスの王ポローネウスの子アーピスを殺した。このためクーレース人の地に逃げ、その地でプティーアーとアポローンの子であるドーロスラーオドコスポリュポイテースたちに迎えられた。そして彼らを殺してその地の王となり、自分にちなんでアイトーリアと呼んだという[8]

パウサニアスによると、アイトーロスはアルカディア地方で開かれたアザーン王の競技祭に参加したが、戦車競走のさいにパランティオンのイアーソーンの子のアーピスを殺してしまった。このためアーピスの子供たちに罪を責められ、ペロポネーソスを追放されてアケローオス河の流域の地に亡命した。そこでその地の人々はアイトーロスにちなんでアイトーリアと呼ぶようになったという[9]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アエトリオス
 
カリュケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイトーロス
 
 
 
 
 
 
アミュターオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレウローン
 
 
カリュドーン
 
アイオリアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
エピカステー
 
 
 
プロートゲネイア
 
 
 
 
アレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポルターオーン
 
 
 
 
 
 
デーモニーケー
 
アレース
 
オクシュロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウエーノス
 
モーロス
 
ピュロス
 
テスティオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリボイア
 
オイネウス
 
アルタイアー
 
マルペーッサ
 
イーダース
 
レーダー
 
テュンダレオース
 
ヒュペルムネーストラー
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューデウス
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
メレアグロス
 
クレオパトラー
 
 
 
ヘレネー
 
 
 
 
 
アムピアラーオス
 
 
 
 


その他のアイトーロス[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ヘーパイストスが父ともいわれる。

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻7・6。
  2. ^ パウサニアス、5巻1・4。
  3. ^ アポロドーロス、1巻7・7。
  4. ^ ヒュギーヌス、271話。
  5. ^ 高津『辞典』、p.310a。
  6. ^ パウサニアス、5巻1・4。
  7. ^ パウサニアス、5巻1・5。
  8. ^ アポロドーロス、1巻7・6。
  9. ^ パウサニアス、5巻1・8。
  10. ^ アポロドーロス、1巻9・16。
  11. ^ パウサニアス、5巻4・4。

参考文献[編集]

  • アポロドーロス『ギリシア神話』高津春繁訳、岩波文庫(1953年)
  • パウサニアス『ギリシア記』飯尾都人訳、龍渓書舎(1991年)
  • 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』、岩波書店(1960年)