トアース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トアース古希: Θόασ, Thoās)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してトアスとも表記される。主に、

のほか数名が知られている。以下に説明する。

ディオニューソスの子[編集]

このトアースは、レームノス島の王である。クレータ島の王ミーノースの娘アリアドネーとディオニューソスの子で、オイノピオーンスタピュロスペパレートスと兄弟[1]。アリアドネーとテーセウスの子ともいわれる[2]ヒュプシピュレー、シキノスの父[3]

神話によると、レームノス島の女たちは長年アプロディーテーに犠牲をささげなかったので、アプロディーテーは怒り、レームノス島の女たちの体から悪臭を臭わせた。そこで島の男たちは妻たちを避け、トラーキアから女たちをさらって来て、トラーキアの女たちばかりを愛した。このためレームノス島の女たちは怒って島の男たちを残らず皆殺しにした。しかしヒュプシピュレーだけは父トアースをかくまい、逃がしたといわれる[4]ロドスのアポローニオスによると、トアースは櫃に入れられ、海に流された。そしてオイノイエー島の漁師によって引き上げられ、島のニュムペーのオイノイエーとの間にシキノスをもうけた[5]ヒュギーヌスによるとトアースはタウリケーの王と同一視されており、ヒュプシピュレーによって船に乗せられて脱出したが、嵐によってタウリケーに流され[6]、王となったという[7]

エウリーピデースの散逸した悲劇『ヒュプシピュレー』によると、トアースはディオニューソスの意志で助けられ、トラーキアでヒュプシピュレーとイアーソーンの子エウネーオスとトアースに出会い、ともにレームノス島に帰った。

 
 
 
アゲーノール
 
テーレパッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カドモス
 
 
 
エウローペー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレータの牡牛
 
パーシパエー
 
ミーノース
 
サルペードーン
 
ラダマンテュス
 
アルクメーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイゲウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミーノータウロス
 
 
 
 
 
 
 
 
デウカリオーン
 
アンドロゲオース
 
グラウコス
 
 
ディオニューソス
 
アリアドネー
 
 
テーセウス
 
パイドラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カトレウス
 
 
イードメネウス
 
クレーテー
 
モロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アカマース
 
 
 
デーモポーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーエロペー
 
アトレウス
 
クリュメネー
 
ナウプリオス
 
メーリオネース
 
トアース
 
ミュリーネー
 
スタピュロス
 
ペパレートス
 
 
 
オイノピオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメムノーン
 
メネラーオス
 
パラメーデース
 
オイアクス
 
 
 
イアーソーン
 
ヒュプシピュレー
 
モルパディアー
 
パルテノス
 
ロイオー
 
メロペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウネーオス
 
ネブロポノス
 
トアース
 
 
 
 
 
 
 
アニオス
 

ヒュプシピュレーの子[編集]

このトアースは、レームノス島の王トアースの娘ヒュプシピュレーとイアーソーンの子で、エウネーオスと兄弟[8]。しかしエウネーオスの兄弟はネブロポノスとも[9]デーイピュロスともいわれる[10]

エウリーピデースの散逸した悲劇『ヒュプシピュレー』によると、ヒュプシピュレーの2人の子エウネーオスとトアースはイアーソーンによってコルキスに連れて行かれ、イアーソーンの死後はオルペウスとともにトラーキアに行き、その地でエウネーオスは竪琴を、トアースは戦いについて学んだ。そしてディオニューソスに助けられた祖父のトアースに出会い、ともにレームノス島に帰った。その後、エウネーオスとトアースは母ヒュプシピュレーを探してギリシアに渡り、ネメアーの王のリュクールゴスに仕えていたヒュプシピュレーと再会した[11]

タウリケーの王[編集]

このトアースは、ポリュステネースの子で[12]、タウリケーの王である。ギリシア人を捕らえてアルテミス・タウロポロス生贄にしていた。

エウリーピデースの悲劇『タウリケーのイーピゲネイア』によると、アウリスで犠牲に捧げられそうになったイーピゲネイアはアルテミスによって助けられ、タウリケーに連れて来られた。トアースはイーピゲネイアをアルテミス・タウロポロスの女神官とし、ギリシア人を生贄にするさいに浄めの儀式を執り行わせた。後にイーピゲネイアの弟オレステースとその友人ピュラデースがタウリケーにやって来たとき、トアースをだましてアルテミスの神像を持って逃げた。トアースは彼らを追おうとしたが、アテーナーが現れて諭され、考え直して追うのをやめたという[13]

しかし後にオレステースとクリューセースに殺されたともいわれる[14]

アンドライモーンの子[編集]

このトアースは、アイトーリアの王で、オイネウスの娘ゴルゲーとアンドライモーンの子である[15]ハイモーンの父で、オクシュロス[16]、レオントポノスの祖父[17]ヘーラクレースデーイアネイラの子ヒュロスとは従兄弟にあたる。

トアースはヘレネーの求婚者の1人[18]、トロイア戦争におけるギリシア軍の武将の1人で、トロイア戦争のさいにアイトーリアの軍勢40隻を率いて参加した[19]。一説にはテュトスの軍勢15隻ともいわれる[20]。また木馬作戦にも参加した[21]

戦後、トアースは無事に帰国し、一説によればネオプトレモスによってイタケーを追われたオデュッセウスを受け入れ、自分の娘と結婚させたといい、2人の間にレオントポノスという子供が生まれたという[22]。またイタリアブルッティウムに移住したともいわれる[23]

その他のトアース[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス「サバス本」、摘要(E)1・9。
  2. ^ 高津『辞典』p.172a。
  3. ^ ロドスのアポローニオス、1巻。
  4. ^ アポロドーロス、1巻9・17。
  5. ^ ロドスのアポローニオス、1巻620~626。
  6. ^ ヒュギーヌス、15。
  7. ^ ヒュギーヌス、120。
  8. ^ エウリーピデース『ヒュプシピュレー』断片。
  9. ^ アポロドーロス、1巻9・17。
  10. ^ ヒュギーヌス、5、273。
  11. ^ エウリーピデース断片(「ナウク版」)、758、764など。
  12. ^ アントーニーヌス・リーベラーリス、27。
  13. ^ エウリーピデース『タウリケーのイーピゲネイア』。
  14. ^ ヒュギーヌス、121。
  15. ^ アポロドーロス、摘要(E)3・12。
  16. ^ パウサニアス、5巻3・6。
  17. ^ アポロドーロス、摘要(E)7・40。
  18. ^ ヒュギーヌス、81。
  19. ^ 『イーリアス』2巻。アポロドーロス、摘要(E)3・13など。
  20. ^ ヒュギーヌス、97。
  21. ^ スミュルナのコイントス、12巻。ウェルギリウスアエネーイス』2巻262。
  22. ^ アポロドーロス、摘要(E)7・40。
  23. ^ 高津『辞典』173a。
  24. ^ パウサニアス、2巻4・3。
  25. ^ アポロドーロス、3巻10・6。
  26. ^ 『オデュッセイア』4巻797.
  27. ^ 高津『辞典』、p.173a。
  28. ^ アポロドーロス、摘要(E)7・27。

参考文献[編集]