ポローネウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポローネウス古希: Φορωνεύς, Phorōneus)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してポロネウスとも表記される。

河神イーナコスオーケアノスの娘メリアーの子で、アイギアレウスと兄弟[1]。一説に母はアルゲイアともいわれる[2]ニュムペーのテーレディケー[1]、あるいはキンナとの間にアーピスニオベーをもうけた[3]。またあるいはケルドーとの間に[4]、カール[5][6][7]、スパルトーン[8]、クリュメニスとクトニアーをもうけたともいわれる[9]

兄弟のアイギアレウスの死後にペロポネーソスの王となったが[1]、ポローネウスこそが最初の王だったともいわれ[10]、ときには最初の人間だったとさえいわれることがある[11]

ヒュギーヌスによると、はじめ人間は1つの言語だけを話して平和に暮らしていたが、ヘルメースが人間たちにさまざまな言語を教えると人間は互いに争うようになった。ゼウスはこれを嫌い、ヘーラーに最初に犠牲を捧げたポローネウスに最初の王権を授けた[2]。あるいはポローネウスは最初に武器を作ってヘーラーに捧げたので最初の王権を授かった[12]。またあるいはポローネウスは初めてヘーラーの神殿を創建した[13]

パウサニアスによると、ヘーラーとポセイドーンアルゴリス地方の領有をめぐって争ったとき、敗れたポセイドーンは怒って河の水を干上がらせた。このためポローネウスは初めて人々を集めてポローニコンという市を建設した[10]。またアルゴスでは最初に火を発見したのはプロメーテウスではなくポローネウスであり、アポローン・リュケイオスオオカミを御すアポローン)の神殿では「ポローネウスの火」と呼ばれる火が燃やされていたという[14]

脚注[編集]

  1. ^ a b c アポロドーロス、2巻1・1。
  2. ^ a b ヒュギーヌス、143話。
  3. ^ ヒュギーヌス、145話。
  4. ^ パウサニアス、2巻21・1。
  5. ^ パウサニアス、1巻39・5-39・6。
  6. ^ パウサニアス、1巻40・6。
  7. ^ パウサニアス、1巻44・6。
  8. ^ パウサニアス、2巻16・4。
  9. ^ パウサニアス、2巻35・4。
  10. ^ a b パウサニアス、2巻15・5。
  11. ^ プラトーンティマイオス』22a-b。
  12. ^ ヒュギーヌス、274話。
  13. ^ ヒュギーヌス、225話。
  14. ^ パウサニアス、2巻19・5。

参考文献[編集]