テイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テイアー古希: Θεία, Theiā)は、ギリシア神話に登場する女神である。ティーターンの一族に属する。長母音を省略してテイアとも表記される。

概説[編集]

ウーラノスガイアの娘で、オーケアノスコイオスクレイオスヒュペリーオーンイーアペトスクロノスレアーテミスムネーモシュネーポイベーテーテュースと兄弟[1]。またヒュペリーオーンの妻で、ヘーリオス(太陽)、セレーネー(月)、エーオース(暁)たち兄弟姉妹の母でもある[2]

しかしシケリアのディオドロスではテイアーはティーターンに加えられていない[3]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、133~138。アポロドーロス、1巻1・3。
  2. ^ ヘーシオドス、371~372。アポロドーロス、1巻2・2。
  3. ^ シケリアのディオドロス、5巻66・2~66・3。

参考文献[編集]