アナンケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アナンケー古希: Ἀνάγκη, Anankē)は、ギリシア神話の女神で、運命、不変の必然性、宿命が擬人化されたもの。ローマ神話では「ネケシタス」(Necessitas)と呼ばれる。

アナンケーはアドラステイアやモイライの母とされることもある。アナンケーが崇敬されるようになったのは、オルペウス教が創始されてからである。

アナンケーの名前を書いたノートルダム大聖堂の落書きは有名になり、ヴィクトル・ユーゴーの小説に霊感を与えた。このほか、木星の衛星アナンケの由来ともなっている。