イーナコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イーナコス古希: Ἴναχος, Īnachos)は、ギリシア神話で、アルゴリス地方を流れるイーナコス河の河神である。長母音を省略してイナコスとも表記される。

ソポクレースは神話をもとに悲劇『イーナコス』を書いたが散逸した[1]

神話[編集]

系譜伝承[編集]

オーケアノステーテュースの子で、姉妹の1柱メリアーとの間にポローネウスアイギアレウスをもうけた[2]。しかしゼウスに愛されたイーオー[3]ミュケーナイの名の由来になったミュケーネー[4]、百眼の巨人アルゴスもまたイーナコスの子といわれる[5]

ヒュギーヌスによれば、イーナコスはポローネウスの娘ニオベーの子アルゴスの子ピラントスの子トリオパースとオレーアスの子で、クサントスと兄弟であり、アルゲイアーとの間にイーオーをもうけたという[6]。しかし他所ではオーケアノスの子で、姉妹のアルゲイアーとの間にポローネウスをもうけたとも述べている[7]

物語[編集]

神話によるとヘーラーポセイドーンがアルゴリス地方の領有をめぐって争ったとき、イーナコスはこの地の他の河神ケーピーソス、アステリオーンとともにアルゴリスをヘーラーのものと判定した。ポセイドーンは怒って河を干上がらせたので、夏になるとこれらの河から水が消えてしまうとされる[8]。あるいはポセイドーンは怒ってこの地を洪水で沈めてしまったので、ヘーラーはポセイドーンに水を引かせるよう頼まなければならなかったともいう[9]

またイーナコスはこの地の最初の王で、自分の名にちなんで河をイーナコス河と名付け、ヘーラーを祭祀したとも[10]、イーナコスはエジプトからの植民者であったともいわれる[11]

イーナコスをイーオーの父とする説では、イーナコスはキュルノスに命じてイーオーを探させたが、キュルノスは発見できなかったのでカーリア地方のケロネーソス地方に移住した[12]。またイーナコスはゼウスを糾弾しようとしたが、イーナコスはゼウスの送ったエリーニュスに苦しめられ、ハリアクモーン河に身を投げた。このためその河はイーナコス河と呼ばれるようになったという[13]

系譜[編集]

オーケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーナコス
 
メリアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポローネウス
 
 
 
アイギアレウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーピス
 
ストリューモーン
 
 
 
 
ニオベー
 
ゼウス
 
アーソーポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウアドネー
 
 
アルゴス
 
 
 
 
 
 
 
イスメーネー
 
ペラスゴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エクバソス
 
ペイラース
 
エピダウロス
 
クリアーソス
 
 
イーアソス
 
 
 
リュカーオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゼウス
 
イーオー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルゴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エパポス
 
メムピス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポセイドーン
 
リビュエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リューシアナッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベーロス
 
アンキノエー
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
テーレパッサ
 
 
ブーシーリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイギュプトス
 
ダナオス
 
ケーペウス
 
ピーネウス
 
カドモス
 
キリクス
 
ポイニクス
 
エウローペー
 

脚注[編集]

  1. ^ 比較的多くの断片が残されている(岩波書店『ギリシア悲劇全集11 ―ソポクレース断片』、p.95~109)。
  2. ^ アポロドーロス、2巻1・1。
  3. ^ 悲劇詩人、カストール(アポロドーロス、2巻1・3による引用)。ヘロドトス、1巻1など。
  4. ^ パウサニアス、2巻16・4。
  5. ^ アスクレーピアデース(アポロドーロス、2巻1・3による引用)。
  6. ^ ヒュギーヌス、145。
  7. ^ ヒュギーヌス、143。他225、274。
  8. ^ パウサニアス、2巻15・5。他にアポロドーロス、2巻1・4。
  9. ^ パウサニアス、2巻22・4。
  10. ^ パウサニアス、2巻15・4。
  11. ^ エウセビオス
  12. ^ シケリアのディオドロス、5巻60・4~60・5。
  13. ^ 高津『辞典』53b。

参考文献[編集]