ヘスペリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘスペリス古希: Ἑσπερίς, Hesperis)は、ギリシア神話に登場する黄昏女神である。

宵の明星・ヘスペロスの娘で、アトラースとの間に7人の美しい娘達・ヘスペリデス(その名はアイグレー、エリュテイア、アレトゥーサ、ヘスティア、ヘスペラ、ヘスペルーサ、ヘスペレイア)を産んだ[1]。また、ヘスペリスはヘスペリデスの単数形のことも指す。

時間帯を司る12人のホーライの一柱である[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ シケリアのディオドロス、4巻27・2。
  2. ^ ヒュギーヌス、『神話集(Fabulae)』 183。