カリオペー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シモン・ヴーエ英語版の1634年頃の絵画『ウラニアとカリオペ』のカリオペーを描いた部分。

カリオペー古希: Καλλιόπη, Kalliopē, 「美声」の意)は、ギリシア神話に登場する文芸の女神ムーサたち(ムーサイ)の1神。名はカリオペイア古希: Καλλιόπεια, Kalliopeia)とも。日本語ではカリオペカッリオペーカッリオペイアなどとも表記される。

すべてのムーサたちと同じく大神ゼウスムネーモシュネーの娘。9神のムーサたちの長女で、クレイオーエウテルペータレイアメルポメネーテルプシコラーエラトーポリュムニアーウーラニアーと姉妹[1][2][3]。「叙事詩」(叙情詩、エレジー)を司る。表される際の持ち物は、書板と鉄筆であるが、この様にムーサたちが細分化されたのはローマ時代のかなり後期になってからである。

アポローンもしくはオイアグロスとのあいだにオルペウスリノスをもうけたほか[4]レーソス[5]セイレーンたちの母とする説もある[6]。 弁舌の女神ともされ、ムーサたちの中で最も賢いとされる。アドーニスをめぐるアプロディーテーペルセポネーとの争いを仲裁するなど、ムーサたちの中で最も活躍の場が多い女神でもある。

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、76行-79行。
  2. ^ ヘーシオドス、915行-917行。
  3. ^ アポロドーロス、1巻3・1。
  4. ^ アポロドーロス、1巻3・2。
  5. ^ アポロドーロス、1巻3・4。
  6. ^ セルウィス『アエネーイス注解』5巻864行。

参考文献[編集]

関連項目[編集]