クレイオー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェルメールの1666年頃の絵画『絵画芸術』に描かれたクレイオー。ウィーン美術史美術館所蔵。

クレイオー古希: Κλειώ, Kleiō)、あるいはクリーオー古希: Κλιώ, Klīō, ラテン語: Clio)は、ギリシア神話に登場する女神で、9柱の文芸の女神ムーサたち(ムーサイ)の1人である。その名前は「祝福する女」の意で、祝福する(kλεί-εω)に由来する。

日本語では長母音を省略してクレイオクリオとも表記される。

ゼウスムネーモシュネーの娘で、カリオペーエウテルペータレイアメルポメネーテルプシコラーエラトーポリュムニアーウーラニアーと姉妹[1][2][3]。ムーサたちのうち「英雄詩」と「歴史」を司り、表される際の持ち物は巻物あるいは巻物入れなどであるが、この様にムーサたちが細分化されたのはローマ時代もかなり後期になってからである。

アプロディーテーに対して「女神の身であるにもかかわらず、人間アドーニスを恋した」と咎めたため、呪いによりマケドニアのペラ(ピーエリス)王ピーエロスを恋するようになり、その間にヒュアキントスという息子を産んだ[4]

別な伝説では、婚姻の女神ヒュメナイオスの母でもあるという。その名の語源はギリシア語で「物語る」「名声を得る」という意味の κλέω または κλείω に由来する。

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、76行-79行。
  2. ^ ヘーシオドス、915行-917行。
  3. ^ アポロドーロス、1巻3・1。
  4. ^ アポロドーロス、1巻3・2。

参考文献[編集]

関連項目[編集]