ピエール・ミニャール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピエール・ミニャール(自画像)
Val-de-Grâceの天井画

ピエール・ミニャール(Pierre Mignard、1612年11月17日 - 1695年5月30日)はフランスの画家である。装飾画、肖像画の分野で17世紀フランスにおいて重要な画家の一人である。

略歴[編集]

フランス北部、オーブ県トロワで生まれた。父親も画家で、兄のニコラ・ミニャール(Nicolas Mignard:1606-1668)も画家、版画家となった。[1]1624年からブールジュの画家や、トロワの彫刻家に学んだ後、当時、宮廷美術の中心のひとつであったフォンテーヌブローで、フランチェスコ・プリマティッチオロッソ・フィオレンティーノといった芸術家たちの作品を学んだ。イタリアからバロック絵画をフランスにもたらした、シモン・ヴーエの工房に入り、将来のライバルとなるシャルル・ルブランとともに学んだ。

1635年にローマに修行に出た[2]アゴスティーノ・カラッチやフランチェスコ・アルバーニ、ドメニキーノといった「ボローニャ派」の作品に強い影響を受けた。イタリアで宗教画を描き、評判になり、1657年にルイ14世宮廷画家として、パリに呼び戻された。

イタリアからの帰路、作家のモリエールと知り合い、2人は親友になった。後にモリエールは「ヴァル・ド・グラース教会の天井画を称える詩」を発表し、ミニャールを称えた。

パリでは人気のある肖像画家となった。パリの教会Val-de-Grâceのドームの天井画や宮殿の装飾画も描いた。

1687年に貴族の称号を得た。1690年にルブランが没した後、主席宮廷画家(premier peintre)となった。1690年から没する1695年の間、王立絵画彫刻アカデミーの院長の職も務めた。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Albert Babeau, Nicolas Mignard - sa vie et ses oeuvres in: 'Annuaire administratif et statistique du département de l'Aube... / publié sous les auspices et la direction de la Société d'agriculture, sciences, arts et belles-lettres du département', Société académique de l'Aube, 1895, p. 113-124 (French)
  2. ^ Lada Nikolenko. "Mignard." Grove Art Online. Oxford Art Online. Oxford University Press. Web. 25 May. 2017

参考文献[編集]

  • Minyar, French artists / / Encyclopedic Dictionary of Brockhaus and Efron: 86 t. (82 t. And 4 ext.). - St. Petersburg, 1890-1907.