ペルーサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ペルーサー古希: Φέρουσα, ラテン語: Pherusa)は、ギリシア神話に登場する2人の女性の名前である。名前は「実り多き者」を意味する。日本語では長母音記号を省略してペルサとも表記される。

ネーレーイデスの1人[編集]

海神ネーレウスドーリスの間に生まれた50人の娘たち、ネーレーイデスの1人である[1][2]

ホーライの1人[編集]

ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌスの『ギリシア神話集(Fabulae)』によると、ゼウステミスの娘で、アウクソーエウノミアーカルポーディケーエウポリアーエイレーネーオルトシアータローと姉妹。大地の豊饒を司り、季節の秩序と人間社会の秩序を司る女神を加えた9柱のホーラの1柱である[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ヘーシオドス、48行。
  2. ^ イーリアス』18巻43行。
  3. ^ ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌス、183話。

参考文献[編集]