マイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘルメースとマイア。オリュムポスにおける神々の会議を描いたアッティカ赤絵式アンフォラ(一部)。ミュンヘン州立古代美術博物館en)所蔵。
プレイアデスが生まれ、マイアがヘルメースを生んだとされるキュレーネー山。

マイア古希: Μαῖα, Maiaラテン語: Maia)は、ギリシア神話またはローマ神話女神マイヤとも。ギリシア神話のマイアとローマ神話のマイアは本来無関係だったが、後に混同されるようになった。

ギリシア神話[編集]

巨人アトラースプレーイオネーの7人の娘たちプレイアデス)の1人。彼女たちはアルカディア地方、キュレーネー山で生まれたとされる[1][注釈 1]

マイアは長女で、キュレーネー山の洞窟内で[2]ゼウスの子ヘルメースを生んだ[3]

ホメーロス風讃歌』によると、マイアはキュレーネー山の洞窟の奥に立派な館を構えて住んでおり、館の3つの部屋にはネクタルアムブロシアー、黄金や銀、衣服で満ちているとされる[4]。ゼウスは夜闇の中、ヘーラーが深い眠りに落ちているすきにマイアと関係を持った。これによって策略家で、盗みに長け、夜闇をうかがい、戸口を見張るヘルメースが生まれたとしている[注釈 2]

またカリストーが大熊にされた後、その子アルカスを育てたのは彼女である。[5]。他のプレアデス7姉妹と同様、狩人オーリーオーンに追い回されて隠れていた。

ローマ神話[編集]

ローマ神話にはを司る豊穣の女神マイア(Maia)がおり、マイアの祭日である5月1日は供物が捧げられた。これがメーデーの起源である。

ギリシア神話のマイアとは本来は無関係だが、のちに混同されるようになった。またメルクリウスとも関連付けられるようになり、5月15日のメルクリウスの祭日にも祀られるようになった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ キュレーネー山は現在のキリニ山en)。
  2. ^ ゼウスとマイアとの関係がヘルメース神の性格の由来となっている(沓掛による注釈、p.252)。

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻10・1。
  2. ^ アポロドーロス、3巻10・2。
  3. ^ ヘーシオドス『神統記』938行-939行。
  4. ^ ホメーロス風讃歌』第4歌「ヘルメース讃歌」229行-252行。
  5. ^ アポロドーロス、3巻8・2。

参考文献[編集]

関連項目[編集]