アルゲース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アルゲース古希: Αργης, Argês)は、ギリシア神話に登場する単眼の巨人キュクロープス3兄弟の1人である。別名はアクモーニデース(Acmonides)[1]ピュラクモーン(Pyracmon)[2]である。その名は古典ギリシア語で「落雷[3]」を意味する。

長母音を省略してアルゲスとも表記される。

ガイアウーラノスの子で、ステロペースブロンテースの兄弟である[4][5]。ウーラノスは恐れて、キュクロープスとヘカトンケイルをガイアの腹の中に隠した[6]。その後、ティーターノマキアーの際にゼウスによって解放され、兄弟とともにゼウスの雷を鍛えた[7][8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ オウィディウス『祭暦』4巻288行。
  2. ^ ウェルギリウスアエネーイス』8巻425行。
  3. ^ フェリックス・ギラン『ギリシア神話』23頁。
  4. ^ ヘーシオドス神統記』140行。
  5. ^ アポロドーロス、1巻1・2。
  6. ^ ヘーシオドス『神統記』154行-158行。
  7. ^ ヘーシオドス『神統記』141行。
  8. ^ ヘーシオドス『神統記』501行-506行。

参考文献[編集]