ランパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ランパス古代ギリシャ語: ΛαμπάςLampás、ラムパス)は、ギリシア神話に登場する冥界ニュンペー(ニンフ)である。その名は「光」を意味する[1]

ランパスは単数形で、複数形はランパデスΛαμπάδεςLampádes、ラムパデス)。

冥界の女神ヘカテーとともに松明を掲げて照らす者達であるといわれている[2]

また、アケローン川のニンフで[3]、アケローン河神との間にアスカラポスを産んだオルプネーも冥界のニュンペーである[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『ラルース ギリシア・ローマ神話大事典』567頁。
  2. ^ アルクマーン断片、63(『イーリアス』6巻21に対する古註)。
  3. ^ 『ギリシア・ローマ神話辞典』17頁。
  4. ^ 『変身物語』209頁。

参考文献[編集]