ギガントマキアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
巨人と戦うディオニューソス

ギガントマキアー古典ギリシア語: Γιγαντομαχία、Gigantomakhia)はギリシア神話中の巨人たちとオリュンポスの神々の戦いである。長母音を省略してギガントマキアとも表記される。

概説[編集]

巨人はギガースあるいはギガンテスと呼ばれ、巨大で濃い毛を生やし、腰から下はの形をしていた。この巨人はクロノスによりウーラノスの性器が切り取られた際に滴り落ちた血をガイアが受胎し、産み落とされたものとされている。

予言により、この巨人には人間の力を借りなければ勝利は得られないと告げられており、オリュンポスの神々は負けはしないものの、巨人に打ち勝つ事ができなかった。このため、ゼウスは人間の女アルクメーネーと交わり、ヘーラクレースをもうけ、味方とした。ガイアはギガースの弱点を克服させるために、人間に対しても不死身になる薬草を大地に生やしたが、これを察知したゼウスによっていち早く刈り取られ、遂にギガースがそれを得ることはなかった。

ギガースたちは、山脈や島々など、ありとあらゆる地形を引き裂きながら進軍し、巨岩や山そのものを激しく投げ飛ばして神々を攻撃した。これに対し、オリュンポスの神々も迎撃を開始し、ティタノマキア以来の宇宙の存亡を賭けた戦争が再び始まった。ゼウスは巨人たちを雷霆で次々と撃ち倒し、戦闘不能になった巨人たちは尽くヘーラクレースの強弓の餌食となった。他の神々も奮闘し、ディオニューソスで戦い、ヘカテーは灼熱の炬火を投げつけ、またアテーナーポセイドーン火山そのものを巨人に叩きつけて押し潰し、最後にヘーラクレースが強大な毒矢や怪力を以て巨人に止めを刺した。パレーネーの地に触れている限り無敵の力を得る最強の巨人もいたが、ヘーラクレースの圧倒的な怪力によってその地から引き剥がされ、その後彼の剛腕によって殺された。 ギガースたちは神々とヘーラクレースによって皆殺しにされ、この壮大な戦争はオリュンポスの圧勝に終わった。

この戦いの後、ガイアは最大最強の怪物テューポーンを産み落とし、ゼウスに最後の戦いを挑んだ。

関連項目[編集]