アルクメーネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘーラクレースを産むアルクメーネー。

アルクメーネー古希: Ἀλκμήνη, Alkmēnē, ラテン語: Alkmena)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してアルクメネとも表記される。

ミュケーナイエーレクトリュオーンとアナクソーの娘で、ストラトバテース、ゴルゴポノス、ピューロノモス、ケライネウス、アムピマコス、リューシノモス、ケイリマコス、アナクトール、アルケラーオスと兄弟。異母兄弟にリキュムニオス[1]。伯父のアムピトリュオーンと結婚し、ヘーラクレースイーピクレースの母となった[2]

神話[編集]

兄弟と父の死[編集]

ミュケーナイがタポス人を率いるプテレラーオスの息子たちと戦争になったとき、アルクメーネーの兄弟たちはリキュムニオスを残して戦死した。生き残ったタポス人たちはエーレクトリュオーンから奪った牝牛の群れをエーリス王ポリュクセノスに預けたが、アムピトリュオーンはそれをポリュクセノスから金で取り戻した。

エーレクトリュオーンは息子たちの仇を討つため、軍を率いて遠征し、その間王国と娘のアルクメーネーをアムピトリュオーンに任そうと考えた。ところがアムピトリュオーンが牝牛を引き渡すとき、アムピトリュオーンの投げた棍棒が原因でエーレクトリュオーンは死んでしまった。このためステネロスはアムピトリュオーンを追放し、アルクメーネーとリキュムニオスは彼に従ってテーバイに行き[3]、テーバイ7門の1つ、エーレクトラー門のそばに館を構えて住んだ[4][5][注釈 1]

結婚と出産[編集]

テーバイに着いたアムピトリュオーンはアルクメーネーとの結婚を望んだが、彼女は兄弟の仇を討ったならば結婚してもよいといった。そこでアムピトリュオーンは戦争の準備に手間取ったものの、タポスを攻めてプテレラーオスを滅ぼし、テーバイに戻った[6]

アムピトリュオーンが戻る前夜、ゼウスはアムピトリュオーンに化けてアルクメーネーのもとにやって来て、夜を3倍の長さにしてアルクメーネーと一夜をともにし、タポスとの戦争について語って聞かせた。翌日アムピクトリュオーンがやって来てプテレラーオスを滅ぼしたことを伝えたが、すでに聞いたことだったのでアルクメーネーは特に関心を持たなかった。アムピトリュオーンはその理由をテイレシアースから聞いた。こうしてアルクメーネーは1夜だけ年上のゼウスの子ヘーラクレースとアムピトリュオーンの子イーピクレースを身ごもった[2]

ところがゼウスは次に生まれてくる英雄ペルセウスの子孫を次のミュケナイの王にすると神々に宣言したため、嫉妬したヘーラーは出産の女神エイレイテュイアを説得し、アルクメーネーの出産を押しとどめ、ステネロスとニーキッペーの子供エウリュステウスが先に生まれるようにした。このためアルクメーネーはヘーラクレースを腹に抱えて余分に苦しまなければならなかったが、侍女ガランティスが機転を利かせ、アルクメーネーが出産したと偽って大声で叫んだ。すると出産を押えていた女神たちがいなくなり、無事2人を産むことが出来た[7][8]

しかし赤子のヘーラクレースを見て憎らしくなったヘーラーは、今度は2匹のを送って殺そうとした。アルクメーネーは驚いて大声で夫に助けを求めたが、ヘーラクレースは自ら蛇を退治した[2]

アルクメーネーのその後[編集]

後にテーバイがオルコメノスエルギーノスと戦争になったとき、ヘーラクレースの活躍でテーバイは勝利したが、アムピトリュオーンは戦死してしまった。そこで、アルクメーネーはテーバイに亡命していたラダマンテュスがと結婚し、ボイオティアのオーカレイアに住んだ[9][10]

ヘーラクレースの死後、ヘーラクレイダイとエウリュステウスとの間に戦争が起こり、ヒュロスは討ち取ったエウリュステウスの首をアルクメーネーに送り、アルクメーネーはその両目をえぐり取った[11]

アルクメーネーの死[編集]

アルクメーネーの死については、死んだ時に石になったとも、アルゴスからテーバイに向かう途中メガラで死に、ヘーラクレイダイは遺体をテーバイとアルゴスのいずれに葬るかで対立したが、デルポイの神託によってメガラに葬ったともいわれる[12]

前者の話によるとヘーラクレイダイはエウリュステウスとの戦争後、テーバイに戻り、アルクメーネーも同地で世を去った。葬式の際、ヘーラクレイダイが骨壷を運ぼうとすると非常に重かったので、中を検めるとアルクメーネーの遺体ではなく大きな石が入っていた。これはゼウスがアルクメーネーをラダマンテュスの妻にするべく、ヘルメースを使わせて遺体を盗ませたためであり、ヘルメースは骨壷の中に石を入れ、遺体を幸福なる人々の島[注釈 2]に運んだ。アントーニーヌス・リーベラーリスはこの話をレーロスのペレキューデースの伝とし、変身譚の1つに加えている[5]

系図[編集]

 
 
 
 
アクリシオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
ゼウス
 
 
 
ケーペウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペロプス
 
 
 
ペルセウス
 
 
 
 
 
アンドロメダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アステュダメイア
 
アルカイオス
 
 
 
 
 
 
ステネロス
 
ヘレイオス
 
メーストール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アナクソー
 
エーレクトリュオーン
 
エウリュステウス
 
 
オイバロス
 
 
 
ゴルゴポネー
 
 
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アムピトリュオーン
 
 
 
アルクメーネー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーカリオス
 
アパレウス
 
レウキッポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テュンダレオース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーピクレース
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーネロペー
 
リュンケウス
 
イーダース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イオラーオス
 
 
 
ヒュロス
 
 
カストール
 
ポリュデウケース
 
クリュタイムネーストラー
 
ヘレネー
 


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ パウサニアスによると、彼らの館を建てたのはトロポーニオスアガメーデースの兄弟で、館の跡と伝えられる遺構がパウサニアスの時代にも残っており、パウサニアスはアルクメーネーの内室をはっきり確認することができた(パウサニアス、9巻11・1)。
  2. ^ エーリュシオンアキレウスが運ばれた白い島同様に選ばれた死者たちが暮らす土地とされる。

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻4・5。
  2. ^ a b c アポロドーロス、2巻4・8。
  3. ^ アポロドーロス、2巻4・6。
  4. ^ パウサニアス、9巻11・1。
  5. ^ a b レーロスのペレキューデース断片(アントーニーヌス・リーベラーリス、33話)。
  6. ^ アポロドーロス、2巻4・7。
  7. ^ オウィディウス『変身物語』9巻。
  8. ^ アントーニーヌス・リーベラーリス、29話。
  9. ^ アポロドーロス、2巻4・11。
  10. ^ アポロドーロス、3巻1・2。
  11. ^ アポロドーロス、2巻8・1。
  12. ^ パウサニアス、1巻41・1。

参考文献[編集]

関連項目[編集]