イオレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イオレー。

イオレー古希: Ἰόλη, Iolē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してイオレとも表記される。オイカリアエウリュトスの娘で、イーピトスクリュティオス[1][2]、トクセウス、モリオーンと兄弟[3]ヘーラクレースデーイアネイラの子ヒュロスの妻となり、クレオダイオス[4][5]、アリスタイクメー、エウアイクメーを生んだ[6][注釈 1]

神話[編集]

弓競技[編集]

イオレーは美しい女性だったので、父エウリュトスはイオレーを結婚させたくなかった[7]。そこでエウリュトスは自分と息子たちに弓競技で勝利した者に娘を与えるとした。しかしヘーラクレースがやって来て彼らに勝利すると、エウリュトスと息子たちは狂気したヘーラクレースがメガラーとの子供を殺したようにイオレーとの子供を殺すのを恐れ、結婚に反対した[8]。のみならず彼らはヘーラクレースを酒で酔わせて追い出した[9]

シケリアのディオドロスによれば、ヘーラクレースはメガラーの子を殺してしまったのでメガラーが自分の子供を生んでくれるか不安になり、メガラーをイオラーオスに与え、自分はイオレーに求婚したという。しかしエウリュトスはイオレーがメガラーと同じ不幸を味わうことを恐れ、結婚に反対した。このためヘーラクレースは怒ってエウリュトスの馬を奪った[10]

一族の滅亡[編集]

後にヘーラクレースは妻のデーイアネイラをトラーキースに残し、オイカリアを征服して、エウリュトスとその息子たちを殺し、イオレーを捕虜とした。そしてエウボイアのケーナイオンでゼウスに犠牲を捧げるためリカースをトラーキースに遣わし、服を取りに行かせた。しかしリカースはデーイアネイラにイオレーのことを話したため、デーイアネイラはヘーラクレースの愛を疑い、ネッソスの血を服に塗り、リカースに持って行かせた。これを着たヘーラクレースはヒュドラーの毒で瀕死となり、息子のヒュロスに自分の火葬と、イオレーを妻とすることを命じ、オイテー山上で火葬されて神となった[11][12]

ソポクレース悲劇トラキスの女たち』では、捕虜となったイオレーはリカースによってトラーキースのデーイアネイラのところに送られた[13]セネカの悲劇では、イオレーはヘーラクレースがエウリュトスを殺すのを目撃したとされ、捕虜となったイオレーはデーイアネイラのところに送られた[14]。またヒュギーヌスによると、ヘーラクレースが後にオイカリアを征服したとき、イオレーはヘーラクレースに自分が見ている前で両親を殺してほしいと願った。そこでヘーラクレースはイオレーの前でエウリュトスを殺し、イオレーはそれに耐えた。その後イオレーはデーイアネイラのところに送られた[15]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
ヘーラクレース
 
デーイアネイラ
 
 
 
 
 
 
 
ポリュネイケース
 
アルゲイアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イオレー
 
ヒュロス
 
グレーノス
 
クテーシッポス
 
オネイテース
 
マカリアー
 
テルサンドロス
 
デーモーナッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレオダイオス
 
アリスタイクメー
 
エウアイクメー
 
トラシュアノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ティーサメノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アリストマコス
 
レオーナッサ
 
 
 
 
 
アンティマコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウテシオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーメノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレスポンテース
 
アリストデーモス
 
アルゲイアー
 
テーラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケイソス
 
カラノス
 
ヒュルネートー
 
デーイポンテース
 
アイピュトス
 
プロクレース
 
エウリュステネース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グラウコス
 
ソオス
 
アギス
 
 
 


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ パウサニアスもエウアイクメーに関して、ヘーシオドスの『大エーホイアイ』の説として同様の伝承に触れている(4巻2・1)。

脚注[編集]

  1. ^ ロドスのアポローニオス、1巻。
  2. ^ ヒュギーヌス、14話。
  3. ^ シケリアのディオドロス、4巻37・5。
  4. ^ ヘロドトス、6巻52。
  5. ^ パウサニアス、3巻4・10。
  6. ^ ヘーシオドス断片189a。
  7. ^ ソポクレース『トラーキースの女たち』354行への古註(カール・ケレーニイ『ギリシアの神話 英雄の時代』邦訳、p.230)。
  8. ^ アポロドーロス、2巻6・1。
  9. ^ ソポクレース『トラーキスの女たち』。
  10. ^ シケリアのディオドロス、4巻31・1-31・2。
  11. ^ アポロドーロス、2巻7・7。
  12. ^ シケリアのディオドロス、4巻37・5-48・5。
  13. ^ ソポクレース『トラーキースの女たち』。
  14. ^ セネカ『オエタ山上のヘルクレース』207行-224行。
  15. ^ ヒュギーヌス、35話。

参考文献[編集]