アリストマコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アリストマコス古希: Ἀριστόμαχος, Aristomachos) は、ギリシア神話の人物である。主に、

が知られている。以下に説明する。

タラオスの子[編集]

このアリストマコスは、アルゴス王タラオスとリューシマケーの子で、アドラストスパルテノパイオスプローナクスメーキステウスエリピューレーと兄弟[1]ヒッポメドーンの父。ヒッポメドーンはテーバイ攻めの七将の1人とされる[2]

ヘーラクレイダイの1人[編集]

このアリストマコスは、ヘーラクレイダイの1人。ヒュロスイオレーの子クレオダイオスの子で、テーメノスクレスポンテースアリストデーモスの父。アリストマコスはヒュロスに続いてペロポネーソスへの帰還を企て、デルポイ神託を授かったが、神託の解釈を取り違え[3]オレステースの子ティーサメノスとの戦争に敗れて死んだ[4]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻9・13。
  2. ^ アポロドーロス、3巻6・3。
  3. ^ パウサニアス、2巻7・6。
  4. ^ アポロドーロス、2巻8・2。

参考文献[編集]