植田兼義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

植田 兼義(うえだ かねよし、1928年 - )は、日本のドイツ文学者。

東京生まれ。1957年東京大学文学部独文科卒。熊本大学助教授、中央大学法学部助教授、教授。99年定年[1]。1978年『ニャールのサガ』で日本翻訳出版文化賞受賞[2]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「植田兼義先生をお送りする」相馬久康 ドイツ文化 1999
  2. ^ 『ルター教会暦説教集』著者紹介
  3. ^ 英語版ウィキペディアに記事あり