高橋英夫 (評論家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 英夫
(たかはし ひでお)
誕生 1930年4月30日
東京府北豊島郡滝野川町田端
死没 (2019-02-13) 2019年2月13日(88歳没)
職業 ドイツ文学者
翻訳家
文芸評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京大学文学部独文学科卒業
活動期間 1955年 - 2019年
ジャンル 文芸評論
代表作 著作
『批評の精神』(1970年)
志賀直哉』(1981年)
『疾走するモーツァルト』(1987年)
『時空蒼茫』(2005年)
翻訳
『ホモ・ルーデンス』(1963年)
『影のない女』(1967年)
主な受賞歴 亀井勝一郎賞(1970年)
日本翻訳文化賞(1972年)
芸術選奨新人賞(1975年)
読売文学賞(1982年)
平林たい子文学賞(1984年)
日本芸術院賞(1997年)
旭日中綬章(2005年)
藤村記念歴程賞(2006年)
やまなし文学賞(2008年)
伊藤整文学賞(2010年)
デビュー作 著作折口学の発想序説」(1968年)
翻訳リルケ詩集』
(1955年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

高橋 英夫(たかはし ひでお、1930年(昭和5年)4月30日 - 2019年(平成31年)2月13日)は、日本文芸評論家日本芸術院会員。

来歴・人物[編集]

東京府滝野川(現・東京都北区田端)に生まれる。1947年第一高等学校に入学(一高最後の卒業生)、1950年東京大学文学部独文科に入学、1953年卒業、大学院に在籍。以後、指導教授手塚富雄の勧めでヘルダーリンの詩を訳し(のち河出書房新社「全集1 詩集」)、手塚との共訳でマルティン・ハイデッガー 『乏しき時代の詩人』(理想社)や、一高同期の友人粕谷一希の勧めで、ヨハン・ホイジンガ『ホモ・ルーデンス』を訳し、その際に林達夫の指導を受け没時まで師事した。

1964年から立教大学非常勤講師を30年務める。1966年から武蔵野音楽大学非常勤講師を15年務める。1968年、「折口学の発生序説」を『中央公論』に発表、以後文芸評論を書き続ける。1970年、最初の著書『批評の精神』を刊行した。1972年から東大独文科非常勤講師を2年間務め、1973年から明治大学非常勤講師を3年間務めた。1994年後藤明生の誘いにより近畿大学文芸学部教授に就く。1997年、芸術院会員となる。1998年近畿大学を定年退職[1]

2019年2月13日に老衰のため死去。88歳没[2]。叙従四位[3]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『批評の精神』中央公論社〈中公叢書〉 1970、講談社文芸文庫 2004
  • 『詩人の館』青土社 1972
  • 『見つつ畏れよ』新潮社 1973
  • 『役割としての神』新潮社 1975
  • 『元素としての「私」 私小説作家論』講談社 1976
  • 『原初への渇望』潮出版社 1977
  • 『詩神の誘惑』小沢書店 1978
  • 『神話の森の中で』河出書房新社 1978、小沢書店(小沢コレクション)1997
  • 『現代作家論』講談社 1979
  • 『昭和批評私史』小沢書店 1979
  • 小林秀雄 歩行と思索』小沢書店 1980、新装版(小沢コレクション)1985
  • 志賀直哉 近代と神話』文藝春秋 1981
  • 『幻聴の伽藍 迷宮・夢・音楽』小沢書店 1982
  • 『忘却の女神 随想集』彌生書房 1982
  • 『悦楽と探求 1980-1983』小沢書店 1984
  • 河上徹太郎』小沢書店 1984
  • 『偉大なる暗闇 師岩元禎と弟子たち』新潮社 1984、講談社文芸文庫 1993
  • 『見えない迷宮』青土社 1985
  • 『起源からの光 神話・中世・現代』小沢書店 1985
  • 花田清輝 20世紀思想家文庫』岩波書店 1985
  • 『異郷に死す 正宗白鳥論』福武書店 1986
  • 『疾走するモーツァルト新潮社 1987、講談社学術文庫 1999、講談社文芸文庫(新編) 2006
  • 『夢幻系列 漱石龍之介百閒』小沢書店 1989
  • 『ミクロコスモス 松尾芭蕉に向って』講談社 1989、講談社学術文庫 1992 
  • 『濃密な夜 私の音楽生活1970~1991』小沢書店 1991
  • ブルーノ・タウト』新潮社 1991、講談社学術文庫 1995、ちくま学芸文庫 2005
  • 『昭和作家論103』小学館 1993
  • 西行岩波新書 1993
  • 『小林秀雄 声と精神』小沢書店 1993
  • 『芭蕉遠近』小沢書店 1994
  • 『琥珀の夜から朝の光へ 吉田健一逍遥』新潮社 1994
  • 『志賀直哉 見ることの神話学』小沢書店 1995
  • 『今日も、本さがし』新潮社 1996
  • 『花から花へ-引用の神話 引用の現在』新潮社 1997
  • 『変容する文学のかたち』翰林書房 1997
  • 『持続する文学のいのち』翰林書房 1997
  • 尾崎一雄回想』日本古書通信社 1998
  • 『ドイツを読む愉しみ』講談社 1998
  • 『わが林達夫』小沢書店 1998
  • 『京都で、本さがし』講談社 1999
  • 『小説は玻瑠の輝き』翰林書房 2000
  • 『友情の文学誌』岩波新書 2001
  • 『わが読書散歩』講談社 2001
  • 『神を見る 神話論集1』ちくま学芸文庫 2002
  • 『神を読む 神話論集2』ちくま学芸文庫 2002
  • 『藝文遊記』新潮社 2003
  • 『本の引越し』筑摩書房 2004
  • 『果樹園の蜜蜂 わが青春のドイツ文学』岩波書店 2005
  • 『時空蒼茫』講談社 2005
  • 『ロマネスクの透明度 近・現代作家論集』鳥影社 2006
  • 『洋燈の孤影 漱石を読む』幻戯書房 2006
  • 『音楽が聞える 詩人たちの楽興のとき』筑摩書房 2007
  • 『母なるもの 近代文学と音楽の場所』文藝春秋 2009 
  • 『文人荷風抄』岩波書店 2013

主な訳書[編集]

主な編著[編集]

  • 志賀直哉随筆集』岩波文庫 1995
  • 尾崎一雄 『暢気眼鏡・虫のいろいろ 他十三篇』岩波文庫 1998
  • 中島敦全集 別巻』筑摩書房 2002。編集委員
  • 正宗白鳥 『新編作家論』岩波文庫 2002
  • 林達夫芸術論集』講談社文芸文庫 2009
  • 『読書清遊 富士川英郎随筆選』講談社文芸文庫 2011

脚注[編集]

  1. ^ 『批評の精神』講談社文芸文庫附載年譜
  2. ^ 文芸評論家の高橋英夫氏死去”. 時事通信 (2019年2月20日). 2019年2月20日閲覧。
  3. ^ 『官報』7473号、平成31年3月25日

外部リンク[編集]