高橋英郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 英郎(たかはし ひでお、1931年10月9日 -2014年3月18日[1])は、日本の音楽・文芸評論家。

経歴[編集]

東京府生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。明治学院大学文学部教授を経て、1983年より「モーツァルト劇場」を主宰、日本語によるオペラ公演の制作・訳詞・総監督を務める。1975年プーランクアポリネールの『ティレジァスの乳房』の訳詞上演でジロー・オペラ賞を受賞。1990年トマの『ハムレット』でクリエーション大賞を受賞。モーツァルト5大オペラをはじめ、ドビュッシー、プーランク、オッフェンバックなど、これまでの舞台公演に対して2006年度エクソンモービル音楽賞を受賞(著書のプロフィールより)。

2014年3月18日午前4時21分、慢性呼吸不全のため、東京都内の病院で死去。82歳没。

著書[編集]

  • 『人間の歌モーツァルト』白水社 1977
  • 『ミューズの子モーツァルト』音楽之友社(ジュニア音楽図書館作曲家シリーズ) 1980
  • 『世紀末の音楽』小沢書店 1983
  • 『モーツァルト』講談社現代新書 1983
  • 『モーツァルト 遊びの真実』音楽之友社 1989
  • 『モーツァルト366日』白水社 1991
  • 『エスプリの音楽』春秋社 1993
  • 『モーツァルトで一日が始まり一日が終わる』講談社+α文庫 1997
  • 『モーツァルトの手紙』小学館 2007
  • 三島あるいは優雅なる復讐』飛鳥新社、2010

編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 音楽・文芸評論家の高橋英郎さんが死去 有名人の葬儀 2014年3月20日